さよなら、海鳴りの島、父のいた学び舎

作者 馳月基矢

〝無邪気〟に語る一人称の貴重さ。

  • ★★★ Excellent!!!

〝邪気〟にみちた一人称が氾濫する中で、これはすがすがしい一編。一人称だから書ける、その人にしかない記憶と失われた場所を持つ人の強みだ。海鳴りの音が、読みながらずっと聞こえている気がする。優しいばかりではなく、それは逃れられない、運命の諧調のようなものだろう。まだまだ語り足りないと訴えてくるような、いっしょう懸命に抑制された肉声に近い語り口もいいですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

松枝蔵人さんの他のおすすめレビュー 11