さよなら、海鳴りの島、父のいた学び舎

作者 馳月基矢

郷愁と過疎化の現実

  • ★★★ Excellent!!!

「あなたの街の物語」コンテストのコンセプトとして、その地域の魅力を取り入れる、とある中、敢えて人口が減り過疎化に伴う閉校と、郷愁をテーマにしたショートストーリー。

コンテストの趣旨に合致しているかは別として、社会に投げかけるメッセージ性のある作品として、私は好きです。

私は離島の暮らしぶりについてはよくは知りません。作品中に舞台となる五島列島の「魅力」は多くは語られてはいないものの、その地に足を運んでみたくなる不思議なパワーのある物語です。
一人、知人に五島出身の人がいるので、いろいろ話を聞いてみたいと思いました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

銀鏡 怜尚さんの他のおすすめレビュー 256