新年度、横丁、獅子

 横丁の入り口に鳥居があって、お獅子が一対、座っている。奥に祠があるわけでもないけれど、不思議とその場に馴染んでいる。「あ」と「うん」の口をしたお獅子は石で出来ていて動かないのだけど、どこか親しみやすい顔立ちをしている。


 今年も桜が咲いて、新年度がやってきた。真新しいランドセル姿の子どもたちが鳥居の前を駆けていく。それを見ていたのかどうか、春の日差しの中のお獅子はいつもよりいっそう、柔らかな表情をしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます