クオリア-小さな約束-

作者 Tatsuya.Miwakami

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 いつもミステリーだのホラーだの読んでた自分にとっての、初めてのSF作品でした。
 感動路線だけではなく、おどろおどろしい展開へと発展し、作品に引きこまれてしまいました。
 終わり方にもスッキリしました。最後まで読んでよかったと思える作品でした!

★★★ Excellent!!!

光と闇、無垢と悪の対比がとても鮮やかに描かれていると思います。これが、私たちが今生きているこの世界に今も同時進行しているところが怖いところです。
ストーリーは一見無関係なふたつの話を行ったり来たりするうちに結びついて、びっくりな展開に。想定は現実にはあり得ないのに、あまりに自然な描写や人物の動きから、目の前でそれが進行してるように映画を見ているようにシーンが次々浮かんできました。
一章が短いので特に電子媒体で読むには適しているしだからテンポも良い。次はどうなるの?って終わりまで一気に読んでしまいました。
続編に期待したいです。

★★★ Excellent!!!

この作品、ロボットタグがついてます。
今、カクヨムのトップページにも『ロボット好き?』というリンクがある程です。
しかし、この作品はそういう『ロボット』とは一線を画した小さなロボットがキーパーソンになってます。
登場人物も俗に言う裏社会で生活しているキャラクターが半分以上を占めてます。
でも、偶然と奇跡と希望が物語を心温まる展開にしていくのです。
読者が混乱しないわかりやすい文章と構成もあいまって、最後まで一気読みしました。
是非、あなたも読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

最初から最後まで臨場感があり、気付いたら主人公と一緒に戦う気持ちで一喜一憂していました。
まさかの出来事ながら、実際に起きてもおかしくないリアリティーと、純粋な勇気が人の本質を目覚めさせ変えてゆくプロセス、どきどきの駆け引き。

次の展開が気になり過ぎ、待ちきれずどんどん読み進めてしまい、完結までイッキ読み。
善悪の対決に無性に目頭があつくなる場面もあって、読んで良かった作品のひとつでした。