隣の席はイタい人(露弾、お前もな!) 〜そして誰もいたくなった〜

作者 かがみ透

17

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ちょっとどころではないイタイ人達が多数登場。
このコンセプト&アイデア、凄く面白くて、序章から虜になりました。

あいつもイタイ、こいつもイタイと思わせておいて最もイタイのが主人公だという(笑)

ポップな感覚と、ライトな文体で書かれているので、その面白さが何乗もされていて「続き、続きがよみたいいい!」と、読む側も若干イタイ感じになれます。

一極集中ではなく、痛さが分散されているのも良いですね。
例えば主人公に集中してしまうと必ず早期に飽きが来る。
そうならないどころか、読書意欲を高めてくれる配慮がとても嬉しいです。

まだまだ連載は続いて行くと思いますが、追いかけようと思える面白い作品です!

★★★ Excellent!!!

なんとかしてこの設定、貰えないだろうか?

読みながらそう思っていた。
貰えるかどうかではなく、貰える方法を考えていた辺りに私の本気っぷりが透けて見える。
それほど魅力的な設定だった。

「ありそうでなかった」切り口を見つけるのは、まったく新しいアイデアと同等か、あるいはそれ以上の価値があるように思う。

ところで。私はエンターテイメント作品において考えるところがある。
幅広く多くの人を楽しませる為には、できるだけ読者の最大公約数がおもしろいと感じる範疇を見極める事が肝要だ。

しかしながら各々に感じる「おもしろい」にはバラつきがあり、自分は最高におもしろいと思うが読者にはなかなか伝わらない、そんな事もよくある。多くの作家はそれに悩まされている。

私はこの問題に関し理想的とも言える一つの最適解を得ている。

個々の作者が思う「おもしろい」のバラつきが原因ならば、作家を個に限定せず複数人による共作というかたちを取ればいい。
この手段を用いる事で作品のポピュラリティは上がり多くの読者を獲得でき、やがて商業出版されアニメ化され重版に次ぐ重版、作者達は札束のプールで美女と戯れ――

……悪ふざけもこれぐらいにしておこう。

つまりはそれだけ魅力のある設定であり、作品であるという事だ。