24:ひねくれた秀才

 始業式や服装検査が終わり、ホームルームの時間に入ると、来月行われる文化祭の出し物を決めることになった。

 まずはリーダー役、文化祭実行委員の選出。

 でも、私が所属する二年二組も多くのクラスの例に漏れず「私、やります!」なんて意欲に満ちた人はいなかったため、教室の左右に男女でわかれて話し合う運びとなった。

「塾で忙しいからパス」

「私だって部活があるからさぁ……」

「私、みーこを推薦したいんだけどな」

 なかなかすんなりとは決まらない中、私は隣にいるみーこを見た。

「へっ? 私!?」

 上の空の様子で、何やら考え事をしていたみーこははっと顔をあげ、大げさにたじろいだ。

「あー、やっぱりみもっちもそう思った?」

 私を『みもっち』なんて妙なあだ名で呼ぶほど仲の良い女子、佐藤五十鈴さとういすずが笑う。

 ショートカットで、バレー部の部長をしながら成績も上位という文武両道の才女だ。

「あたしもみーこが適任だと思った。むしろあんたがやらなくて誰がやるって感じだよねえ」

 五十鈴は後ずさったみーこの肩を後ろから掴んだ。

「えー、やだよ実行委員なんて面倒くさい!」

「いやいや、なんだかんだ言ったって、与えられた仕事は完璧にやり遂げてくれるじゃない。中学のときは生徒会長として全校生徒を導いてくれたでしょ? 黄色い腕章つけて部下たちを引き連れ、廊下を颯爽と歩く姿、格好良かったよ? 文化祭のときだって、校内に紛れ込んだならず者たちを一人でやっつけてくれたじゃない! あのときの豪快な一本背負い、いまでもあたしの目に焼きついてるよ?」

 さらに同じ中学出身の別の女子が言う。

「ああああれは黒歴史! 高校ではしとやかな女の子になるって決めたんだから! それに、副会長たちは私の部下でもなんでもないわよ!」 

「リーダーシップもあるし、頼りがいもある最高の女!」

「お願いしますっ、お姉さま!」

 お姉さま、というのは、みーこが四月四日生まれで、クラスの女子の中で一番年上だからくる形容。

「ぐううー」

 ノリの良い複数の女子たちに取り囲まれ、手を合わせて頭を下げられたらさすがに断りづらいらしい。

 みーこは眉根を寄せて唸り、元凶である私をジト目で見た。

 あ、怒ってるかも。

「……ちょっと来て」

 みーこはふと真顔になって私の手を引いた。

 なんだなんだ、という顔をしている女子たちを置き去りに、教室の片隅へと移動する。

「どしたの、みーこ。怒ってる?」

 しかし、推薦しただけで本気で怒るほど、彼女の器は狭くないはずだ。

 嫌ならきっぱり断るだろうし。

 必然、私の頭上には疑問符が浮かぶ。

「あのさ……」

 ぶすっとした顔で、怒っているのかと思うほどのぶっきらぼうな調子で、彼女は言いづらそうに切り出した。

「私が実行委員引き受けたら、ちょっとは許してくれる?」

 具体的に何のことかは言わなくても、すぐにぴんと来た。

 ……あ。そういうことか。

 これまでの短い休憩時間中、私は言葉を尽くし、彼女が抱いていた漣里くんに対する偏見と誤解を解いた。

 最初は半信半疑だったみーこも最終的には理解を示し、酷いこと言っちゃったから謝りたい、と言ってくれた。

 私はすぐに漣里くんにメールし、昼休憩中に会いたい旨を伝えた。

 学校では他人を装うと言っていた漣里くんも、人気のない場所なら会っても良いと答えてくれたから、後は昼休憩を待つだけだ。

 私としては、みーこが暴言を吐いたのは先にそうと教えなかった私のせいでもあるし、漣里くんにちゃんと謝ってくれたらそれで良いと思ってた。

 でも、みーこは彼女である私にも罪悪感を抱いていたらしい。

 さっき考え込んでいたのも、もしかして私のことだったのかな。

 どうやって謝ればいいのかって、ずっと考えてくれてたのかな?

「貸しはなし……ってことでもいいかな?」

 親の機嫌を窺う子供のように、恐る恐るといった感じで私を見るみーこに、

「それは無理。」

 私はにっこり笑顔で爽やかに否定。

「ええっ!? いまの流れとシチュなら『仕方ないなぁ』って答えるとこでしょ!? フラグばっきばきに折ったわねあんた!?」

 みーこはたちまち、普段通りの彼女に戻ってまくしたてた。

 そうそう、みーこはそうじゃないと私の調子も狂っちゃう。

「いやいや、だって、それとこれとは話が全くの別だもの。」

 きっぱり言って、にこやかに手を振る。

 漣里くんへの暴言を許すことと、彼女が実行委員を引き受けるかどうかは同列扱いして良い話じゃない。

 そもそも次元が違うよね?

「私がみーこを許していいのは、みーこが漣里くんに謝罪して、漣里くんがそれを受け入れたときだけでしょ?」

 何か間違ったこと言ってますか? といわんばかりに首を傾げると、みーこは口をへの字に曲げた。

「……まあ、そりゃそうか」

 でもね、みーこ。

 私はもう知ってるんだ。

 漣里くんがとっくにみーこを許してて、後は時間が来るのを待つだけだっていうこと。

 けど、ここでフライングしちゃだめでしょ?

 だから、ここで私が言えるのは、みーこに対する正直な気持ちだけ。

「でも、みーこを推薦したのは仕返しでも意地悪でもなんでもなくて、本当に向いてると思ったからだよ? 自分の意見がはっきり言えるし、皆をまとめるリーダーシップがあって、責任感もある。これほどの適任者はそうそういないと思うんだけどな」

 指折り数えてみせる。

「…………」

 みーこは窓から突き抜けるように青い空を見上げ、ため息をついた。

 がりがりと頭を掻いてから、女子たちの元へと戻っていく。

 どうやら腹は決まったらしい、と私は後に続きながらくすくす笑った。

「しゃーない、やったろーじゃないの!」

 みーこは居並ぶ女子たちに向かって、宣言。

「さっすがみーこ」

「やってくれると信じてた!」

 彼女は五十鈴たちの拍手を受けながら、長く艶やかなポニーテールを揺らして、黒板の『実行委員』の文字の下に自分の名前を書きに行った。

「それじゃ、第三希望の出し物まで決めたいと思います」

 黒板の前で文化祭実行委員となった男子が言い、みーこは黒板に『第一希望』『第二希望』『第三希望』と続けて書いた。

 他のクラスとの兼ね合いがあるため、全クラスとも出し物は第三希望まで決めることになっている。この辺りのルールは既に知っているため、滞りなく話し合いは進んで行った。

 何にしようか、何がいいかな、と皆が言い合う中、私の耳に届いたのは和気藹々とした空気に水を差す一言。

「なんでもいいだろ。高校の文化祭なんてしょせんは児戯だ」

 発言者は、私の席の斜め後ろに座る男子、小金井こがねいくん。下の名前は知らない。正直に言って、それほど興味もなかった。

「なんでこんなくだらない行事が授業の一環なんだろうな。日本の官僚は馬鹿ばっかりだ。英単語の一つでも覚えたほうがよっぽど有意義だっていうのに」

 少しぼさついた黒髪に、縁のない眼鏡。

 ひょろっとした細身の体躯。

 彼は物事を斜めに捉えるのが美学とでも思っているのか、度々こうした空気を読まない発言をし、敵を作っている。

 休憩時間中は誰とも馴れ合うことなく、自分の席でずっと勉強し続けている。

 時にはこれ見よがしに明洸大学の赤本を開くこともあり、「高二で赤本って……」「しかも明洸……」と、皆にドン引かれていた。

 学生の本分は勉強なのだから、勤勉なこと自体は全くの問題ではない。

 彼が葵先輩と同じ明洸大学を志望するに相応しく、常に学年上位の成績を誇っていることも、褒められるべきことだ。

 でも、彼は自分よりも成績の悪い人間、つまりクラスの大半を見下していた。

 高学歴で教育熱心な両親にそうと教え込まれたのか、彼は学業以外に価値も関心も見出さない。成績こそが全てだと信じ切っている。

 一学期の中間テストで赤点取っちゃったよ、と落ち込む女子に向かい、赤点なんて僕なら恥ずかしくて死んでるね、と言い放ったのが強烈な反感を買い、彼に声をかけるクラスメイトはいなくなった。

 心の距離感を示すように、彼の席の周囲の空間は他の席に比べて空いている。

 クラスが小さな社会だとしたら、これもいわば処世術の一環なのだろう。

 誰だって自分を不愉快にさせる人間に好んで近づきたくはない。

 ……でも、私は皆が言うほど、彼はそんなに悪い人じゃないと思っている。

 というのも、授業中に彼の足元に消しゴムが転がっていってしまったことがあるのだ。

 彼が自分と同等とみなすのは五十鈴のような、成績優秀者だけ。

 彼よりも成績の悪い私は、足元に転がった消しゴムも無視されると決めてかかり、シャーペンの蓋を取った。

 私はシャーペンについたミニ消しゴムは使わない派。

 とうとう削るときが来たかとこっそりため息をついたとき、彼は「おい、落としたぞ」と声をかけ、手渡してくれた。

 無駄に攻撃的で、嫌な人だと思わないといったら嘘になるけど、虐めみたいに無視するのは、なんか違うよね。

 せっかく同じクラスになったわけだし、さ。

「そんな冷めたこと言わないで、楽しもうよ。せっかくの文化祭なんだし」

「ふん」

 振り返って声をかけると、小金井くんは煩わしそうにそっぽ向いた。

「小金井に声をかけるなんて物好きね」

 後ろの席の女子にそう言われて、苦笑いするしかない。

 その後も続いた話し合いで、私たちのクラスの出し物は、

 第一希望:カジノ(主にトランプゲーム)

 第二希望:喫茶店

 第三希望:演劇

 ということになった。

 希望が通るかどうかは、数日後に行われる文化祭実行委員全体会議の結果次第だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます