12:友達になりましょう

 どれだけ粘っても漣里くんは「自分の分は自分で払う」の一点張りで、奢らせてはくれなかった。

 しかも最初は私の分まで払おうとしていたのだ。

 付き合ってもらったお礼と言っていたけれど、お礼をしなければいけないのは私のほうなのに。

「せっかく繁華街にいるんだから、何かする? したいことでもある?」

 店を出て、漣里くんが尋ねてきた。

「え、えーっと……」

 どうしようか。せっかくだからショッピングでもする? 

 でも、漣里くんをつき合わせるのは気が引ける。

 男性が女性の買い物に付き合うのは面倒だよね。

 女性はお店に行ってから何が良いか悩むけど、男性は欲しいものを予めイメージしているから短時間で買い物を済ませるって、何かの本で読んだことがあるし。

 そもそも私はただの知り合いで。

 友人とすら思われていないわけで……

 鉛を飲み込んだような気分だ。

 胸が重くて、苦しい。

 それでも、私は無理やり笑顔を作った。

「私はデパートで買い物してから帰ろうかなーなんて……」

「なら付き合う」

「え、でも、長くなるかも……」

「いいよ。どうせ暇だし。ひー兄たちからもゆっくりして来いって言われた」

「そうなんだ」

 私は曖昧に笑うことしかできない。

 ああ、いけない。ちゃんと笑わなきゃいけないのに、頬が引き攣って、泣き笑いみたいになってないかな。

「じゃあ、しばらく付き合ってもらおうかな。駅前のデパートに行って、クリアランスセールの下調べがしたいんだ」

 私はそう言って、駅前に向かって歩き出した。漣里くんも私の右手、隣にやってくる。

 漣里くんは私と歩くとき、さりげなく車道側を歩いてくれる。

 それは彼が万人に向ける優しさでしかなかったのに、私は妙に浮かれてしまった。こんな私でも、少しは好印象を持ってくれているのかなって、愚かにも期待した。

 笑ってくれたことだってそう、何も特別なことじゃなかった。

 パンケーキでも彼は笑うんだ。

 おいしいものを食べたときだって、彼の無表情は崩れるんだ。

 ――真白ちゃんのこと気に入ってるみたいだね……

 ――その子、気に入ってんだ? 

 違う。全然、違った。

 ――ありがと。

 あの笑顔も、姫に噛まれた私の手を包んだ温もりも、何もかも。

 何一つ、特別なことじゃなかった。

「デパートの中に好きなお店があるの。この服もそのお店で買ったんだ」

 私はワンピースの裾を掴んで微笑み、明るい声で続ける。

「千円割引になるポイントがもうすぐ溜まるんだ。判子がいっぱい押されたカードを見るとなんだか嬉しくならない? 割引ももちろん嬉しいけど、よくここまで溜めたなーって、達成感がある。小学生のときのラジオ体操でもらう判子もそうだったな。全部揃ったら気持ちいいから、毎日参加してご褒美の図書券もらったよ。最後に皆で食べたお菓子はおいしかったなー。朝食前に食べるなって言われたけど、最後だからいいじゃーんって、皆で一斉に開封して……」

「あんたさ」

 長い台詞を遮るように言われて、私は言葉を止めた――止めざるを得なかった。

 胸の前で両手を合わせたポーズのまま、彼を見る。

 漣里くんはまっすぐな目で、射るように私を見返していた。

「なんで泣きそうな顔してるんだ?」

「…………」

 そんなことないよ、と笑って否定するには、彼の瞳は真剣すぎた。

 立ち止まると、漣里くんも立ち止まった。

 視線の重圧が、痛い。

 手を下ろす。口を開いて、閉じる。

 ごまかすための適当な言葉を捜そうにも、何も思い浮かばなかった。

 私は――だから、素直な言葉を言うことにした。

「……私は漣里くんにとって、ただの知り合い、なんだよね」

「あんたがそう言ったんだろ」

 間髪入れずに返されたのは、予想外の言葉だった。

「………………え?」

 きょとんと、目を瞬く。

 ……私、そんなこと言ったかな?

「え? いつ?」

 考えても、全く思い当たる場面がない。

「コンビニで。バイト仲間みたいな人に」

 漣里くんの声は少しだけ、拗ねているような響きが含まれていた。

 え? え?

 いつそんなこと言ったの、私?

「………………あ!」

 ようやく思い出して、ぽんと手を打つ。

 そういえば、言った! 加奈子ちゃんに聞かれてつい!

 やっぱりあのとき、漣里くんにはやり取りが聞こえていたらしい。

 全く普段通りだったので、聞いていないのかと思っていた。

「あれは加奈子ちゃんにからかわれたから焦って、ついそう言っちゃっただけで、ただの知り合いだなんて思ってないよ!? 漣里くんのことはもっと大切な人だと思ってる」

 心なしか不機嫌そうに見える漣里くんに、私は慌てて釈明した。

「なら、どういう関係?」

 詰問のように尋ねられて、私は怯んだ。

 改めて聞かれると、私たちってどういう関係なんだろう?

 客観的に事実を言うなら。

「……学校の先輩と後輩……?」

 私は首を捻った。

「要するに同じ高校生。やっぱり知り合いでいいんじゃないのか」

「でも、私は友達になれたらいいなって思ってる!」

 両手を握って、叫ぶように言うと、漣里くんは軽く目を見張った。

 私の顔は多分赤くなっている。それでも伝えたい言葉があった。

「私じゃ力不足かもしれないけど、でも、漣里くんの友達になれるように努力したい!」

「……」

 漣里くんは沈黙した。

 道行く人たちが私たちを見てくる。人通りがそれなりにある道端で叫んだのだから注目されて当然だ。

 恥ずかしいけど、でも、これが私の正直な気持ちだから、伝わってほしい。

「……そんな大真面目な顔で友達になりたいって言われたの初めてだ」

 と。

 漣里くんは困ったような顔で微笑んだ。

「俺なんかで良かったら」

「なんかじゃない。私は漣里くんだから友達になりたいの」

「そんなふうに説教かましてくる女子も初めて」

「えっ。あ、ごめん。押しつけがましいよね」

 考えてみれば、傷の手当をしたときも、私は彼に説教じみたことを言ってしまっている。面倒くさい、重いと思われる要素は十分だ。

 友達になるためには、このマイナス要素どうにかしないと……!

 中学のときの友達にも、「あんたは重い」って言われたことがあるんだよね。

「いや。遠慮なく言ってくれるほうがいい」

 けれど、漣里くんはあっさりと首を振った。

「俺のためを思っての言葉は嬉しい。そういうとこ、ちょっと小兄と被るんだよな、あんた」

「あ、それ」

 私は片手を上げて彼の注意を引いた。漣里くんが小さく首を傾げる。

「あんたっていうのは、そろそろ止めてほしいかな。漣里くんって、私のこと名前で呼んだことないよね。呼び捨てでもなんでもいいから、名前で呼んでくれたら嬉しい」

「じゃあ真白で」

「!?」

 即座に呼び捨てにされて、胸がどきんと跳ねた。

 ためらいもなくノータイムで……!?

 親戚でも家族でもない異性から呼び捨てにされたことなんて、かつて一度もない。どんなに頑張っても名字の『深森』だ。

「顔真っ赤だけど、深森先輩のほうがいい?」

「えっ。い、いいえ! どうぞ! ご遠慮なく! 私如きは真白で十分です!」

「俺には『なんか』はダメで、自分は『如き』って卑下していいわけ?」

「えっ。いえ! いまのは言葉のあやというか! そ、そうだよね、自分を卑下しちゃダメだよね、うん! これから気をつける!」

 私はぎこちない動きで両手を大きく振った。

「それでいい」

 漣里くんはふいっと前を向いて、歩き出した。私もその後を追う。

「あと、俺は真白のこと、友達だと思ってるから」

「え」

「どうでもいい知り合いを家に呼ぶほど、俺は酔狂な人間じゃない」

「…………」

 私は目をぱちくりさせて、漣里くんを見つめた。

 漣里くんはこちらを見ないまま、淡々とした口調で言う。

「ひー兄も小兄も多分、同じ気持ちだと思う。二人とも、真白のこと気に入ってるらしいから、安心して。いや」

 と、漣里くんは顔をしかめた。

「やっぱりひー兄には安心するな。全力で警戒しといて」

「うん」

 私は笑って頷いた。

「……あんた無防備すぎて心配」

 漣里くんが小さな声で何か言った。

「え。いまなんて言ったの?」

「なんでもない。こっちの話」

「?」

 私は首を傾げた。

 ……でも、良かった。

 私は漣里くんと友達になれるみたいだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます