乙女のこころいき

作者 秋保千代子

20

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――


大正時代の女学生の物語。加えて、その主役は男よりも強い芯のある女性――もうそれだけで大好きです。
男尊女卑が強く、家や立場などによって全てが決められてきたこの時代の女性たち。
そんな時代だからこそ、芯を持ち凛として心のままに真っ直ぐ生きる女性はその日常の振る舞いだけで惹きこまれ魅了されます。
強さの中の純粋さ、乙女の純情さも含めて。

とても素敵な作品です。

★★★ Excellent!!!

――

『夢追い人は夢も恋も捨てられない』のスピンオフ——なのですが、本編を読んでない方も十二分に楽しめます。

普段から気が強くて、背筋がぴんと伸びているような、教師志望の女の子。
言い寄る男の子に目もくれず、恋に興味がないのと思いきや……。
彼女が忘れぬ乙女の心。
脇腹をちょちょいと突いてみれば、たちまち溢れ出す彼女の本音。
強気な女の子がちらりと見せる可愛さに、ふふふ、と頬を緩めて下さいませ!

これが乙女のこころいき!

★★★ Excellent!!!

――

人を想う事がどんなに凄いのかが色々とわかったような気がする。

と言っても、『夢追い人〜』を見ていないんですけど。

でも、好きな人がいるから頑張れる。
理屈じゃなくてもそれが人間だから。

そんな風な気持ちになりました

★★★ Excellent!!!

――

同作者の『夢追い人~』外伝。
架空の大正時代を舞台にした退魔アクションの脇役・颯太くんがときどき口にする「菜々子さん」とは何者なのか、というスピンオフです。

菜々子さん、強かった……。
完璧超人じゃないですかーやだー。
殿方を立てるために一歩引きつつも、今風な女性強しのエッセンスも取り入れており、うまく近代との調和を保っていると思いました。

そうか、こういう書き方なら、女性受けする女性キャラを演出できるんだな、という参考にもなります。

一話完結の補完的な内容なので、山場も起伏も何もない掌編ではありますが、大正ロマンの恋心とは何ぞや、を知りたい人は軽く目を通してみて良いのではないでしょうか!