EP1/機体他パイロット情報。

カラドリウス

 FrameType:ノア

 Body:ベーカリー/泡沫

 Leg:リボルト/ホルン

 L/arm:1.ノーマーク/リーシュ:特殊SENT

     2.バトルライフル/リボルト:実弾銃

 R/arm:1.ノーマーク/リーシュ:特殊SENT

     2.バトルライフル/リボルト:実弾銃

 全体傾向:パワー&技巧型、海下専用特殊アセン。



 リーシュと呼ばれる特殊兵装を積んだ遺産OSトリステを持つアセンブル。

 翼のような外殻装甲に隠された隠し腕二つに、二脚二腕の阿修羅型。

 海中戦の想定場比較的軽めだが、そのブーストやエンジンパワーが大きく海中でも問題なく姿勢制御が可能。

 大きさは10mちょい、速度とパワーの両立を求めた結果小さめ。

 リーシュの特性上海の中での戦闘に特化しており、地上だと正直いってちょっとパワーの強いアセンにしかならない。一応地上戦用のセットもあるのだが今回全く出番がなかった。

 このリーシュの同時使用本数は最大で50、しかしそんなことすると間違いなくパイロットが死ぬため普段は「2本~4本」のみに留めている。最終決戦の際に使用したリーシュ数は30、それでも人の頭では限界ギリギリである。50なんて使ったら死ぬ、間違いなく。脳味噌はみ出る。


 しかしカラドリウスの最大の武器はその「演算」にある。

 海流の流れや様々な条件に押し流されやすいフィールドでリーシュという不安定な武装をヒットさせるには、カラドリウス本体の演算によるところが大きい。

 だがそれでも限界というものがあるので、最終的に限界突破するレベルの「演算」にはアンカーも手を貸さなければならない。機械の頭よりも人の使っていない脳のほうが有能であることは、前大戦のことから変わらないようだ。

 ……のわりに「感情」によって限界を越えたりできるのは、きっと製作者が天才だったからなのだろう。

  


 兵装詳細:

 ◇リーシュ/SENT扱い。大部分は背中に搭載。

 電子鎖、海中に漂うトリビュート粒子を弾道に沿って物質化し鎖として扱う。

流れる電流によって固形化するため、鎖が斬られると消滅する。一度海に向けて撃たなければいけないため、地上戦では使用できない。

  ※尚、このトリビュート粒子というものを扱っているという事実をネモとカラドリウスを含むすべての人間が知らない。トリビュート粒子という存在がトップシークレットになっているためである。

   本人たちは「原理はよくわからんがすっごい便利ですっごい頭の疲れるカッコいいメイン武装」としか捉えていない。ネモはあまり道具に関しては拘らない主義のようだ。


 ◇バトルライフル×2/大口径の弾丸を使用する実弾銃。

 ゴーストにエネルギー弾が効きづらい実情、多少コストはかかるが仕方がない。まぁ正直なところ、予備エネルギーを扱うことが厳しいためでもあるのだが。(リーシュの制御にエネルギー使ってる)

 尚、このライフルの基本弾薬は「凍結弾」。衝撃と物体に反応して相手を凍結させる弾丸は、アセンに乗るものにとって当然のように持ち込む最大の武器だ。


 ◇クロー/最終的には拳とパワーだ。両腕に搭載。

 鉤爪型のクロウは特殊鋼材で作られたものであり、復旧不可能としてバラされた旧遺産アセンからもらったもの。

 基本的にリーシュで引き寄せクローで抉る、それでだめならバトルライフルで引き撃ちと言った感じ。姿勢制御に力を入れているからこそできる動きである。因みにこれは腕装甲に含まれているため、バトルライフルを担いでいない状態ならフリーハンド。

 追加兵装もすぐさま使える汎用型使用、つよい、中の人さえ強ければ。


 

パイロット

ネモ アンカー/ランク15

 旧名・不明。

 夜鳥羽の街で下宿生活をしている傭兵という名の何でも屋の青年。

 その片手間に海底調査、という名の宝探しをしているトレジャーハンターにも手を貸している。腕は立つほうでトレジャーハンターとして生きてみないかと勧誘されているが、本人は本職にするほどじゃないと断っている。

 直情的な熱血漢。一目惚れしやすい。なんかもう恋愛勇者、惨敗記録何人目よお前?

 実を言えばというよりも実際頭は良くない。よくないが、直感がすべてを凌駕する。ここまで来るともはや野生児。 

 仇名は「素面の怪物」「海蛇」「イソギンチャク」等々。

 傭兵としては少なくとも三年前から活動は続けている、実はかなりのベテラン。……なのだが性格が災いしここのところランクは15以上に慣れたためしがない、全盛期はランク8まで上り詰めたのだが。 

 実はかなり初心らしくガチなことに関してはかなり奥手だったりする……らしい。

 のだが、そんなところを見た人物はカラド以外に存在しないのでなんとも。


好きなことは稼ぐこと、冒険をすること、話をすること恋をすること。

苦手なことは眠ること、会議、疑うこと、甘いもの、そして何よりも考えること。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます