2:日常最後の告白と。

 普通の日じゃなかった。


「黒田弥平、私はキミが好きです。結婚を前提に付き合ってください」

「お前愛が重いっていわれねぇ?」

「愛はともかく重いとはよく言われますね」


 校舎の裏の早咲き桜の下に呼び出された弥平は、事の重大さを感じ取るのに数分を要した。

 東雲亜希は依然としてまっすぐに弥平を見つめている。こうして目の前にいられるのは、中々のプレッシャーがあった。そして先ほど手渡されたプレゼントという名の小箱。


 つまりなんだ? これが世に言う告白ってやつか。

 ……。

 告白ってやつか!?


「……お、俺でいいのか? いいいっとくが俺そういうのさっぱりだぜ!? 普段時間ねぇしよぉ」

「大丈夫です、私もさっぱりですし。弥平は大丈夫ですか? 熱があるようですが」

「お前のせいで出たんだよド天然!」


 顔から火が出る、というのはこういうことを言うのだろう。

 多分凄い顔真っ赤なんだろうなとそう思うと余計に恥ずかしくなった。

 今すぐにでも穴に埋まって死にてぇ。

 いや、嬉しいんだけど。

 嬉しいんだけど。

 嬉しいんだけど。

 嬉しいんですけれど!! 話が唐突で!!


「まぁ、あれです。これからも一緒にいたいという話です」


 末永く、と亜希はつけたし珍しく目線を逸らしては顔を赤らめる。随分と珍しいことだった、亜希はあまり感情を顔に出さないことを弥平はよく知っている。余程の事じゃないと言葉には出ても顔には出ない。

 だから、これは本気だ。

 彼女の瞳はアセンをいじるときのように真剣だった。


「……俺、マジでなにもできねぇぞ。漫画みたいなデートとかも時間がないから難しいし、クラスメートのやってるような話もできねぇ」

「それでいいんです。何も変わらないままの弥平と一緒にいたい……というのはちょっと高望みしすぎですが、形が変わっても一緒にいたいという話です。私も、弥平に出来ることは少ないでしょうし。何か困りごとがあったら勝手に手伝うかもしれませんが」

「スーパーの安売り戦争でもか?」

「望むところです」


 あっこれやっぱり想像した告白と違ういつもの情報確認だ。身構えて少しびっくりしたが、一度深呼吸をして弥平は落ち着きを取り戻す。結婚はまだ遠い話のような気がして正直あまり想像がつかない、ただ今まで通りをこの先を、という約束なだけだ。

 

「いいぜ、亜希のことは一緒にいて気が楽だしな」

「最高の褒め言葉、ありがとうございます。……プレゼント、あけてくれませんか」

「ここまで来たら良いも悪いもないなぁ」

「満更でもないって顔に書いてありますよ」

「うっせ」


 プレゼントの小箱を開けようと、弥平はリボンを解こうとした。

 そんな時だった。



 ──鉄がひしゃげるような、悲鳴のような音がした。



「わぁっ!?」

「なんだ!? 地震か!?」 


 びりびりとうねる様な地響きが空気を崩した、何だ何だと周囲を見る余裕もない。あまりにも強い、体験したこともないような地震。立ってもいられないぐらいの揺れとどこからか聞こえる何かの音。音。音。

 亜希が驚いてよろけるが、弥平はすぐさまそれを支え揺れが収まるのを待った。

 揺れは、存外あっさり収まった。


「な、なんだったんでしょう……!? あ、警報!」


 携帯から耳をふさぎたくなるような不協和音と案内メッセージが流れてくる。

 最優先の避難命令だ。

 

「ゴーストの襲撃か? いやでもあんな……ってこうしちゃいられねぇ妹拾いにいかねぇと!」

「私も行きます!」


 上空に駆ける黒影など、気が付く余裕もなくただそれでも、予兆というにはあまりにも単純すぎた

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます