涙なくして語れない、どこまでも突き抜ける、カオスな話!!

作者 婆雨まう(バウまう)