銃と刃と八百万の神

作者 飛野猶

撃ち落とされるまでの名コンビの人情味あるオカルティックアクション

  • ★★★ Excellent!!!

「撃ち落とされるまで、あと何分?」でイザや圭吾のファンになった方、この作品は必読です。
あの強いイザがオカルトが苦手(二章参照)と意外な一面が見られたり、イザと圭吾の出逢い・圭吾のバックグラウンドが明らかになっていったりと過去エピソードも!撃ち落とされるまでのファンには堪らない仕様です。
勿論、この作品は独立して魅力があります。追い詰められた人間を描いているのに、読後感はとてもいい。清濁併せ持つ人間の感情を暴力やオカルトを絡めつつ肯定的に描いた名作なのです。心理描写の巧さもアクションシーンの迫力も味わいたい方に是非読んで欲しいです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

片や難民キャンプ生まれの闇の商人、銃のスペシャリスト。
片や一流企業の社長にして由緒ある家柄の家長、剣術の達人。
2人のおじさんが怪異を相手取って渡り合う。
民俗学風味のハードボイルド・ファンタジー… 続きを読む

ささかま大名さんの他のおすすめレビュー 23