新デレらの想区

作者 OTN

15

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

全て楽しく読めたのですが、追伸まで読むと感想が変わります。追伸までのお話は、追伸に繋げるための前フリだったのかなあ、と。沈黙の霧を通ると時の流れが違うようになるのなら、このお話が例のキャラの前のお話であることがとてもしっくりきて納得できました。解釈が違っていたらごめんなさい。

★★★ Excellent!!!

想区の設定から、物語の展開、そしてラストまで、ゲームシナリオを意識した作りでありながら、小説としてもバッチリ楽しませて頂きました!

特にキャラクター達のコミカルなやり取りが面白かったです!
また、それでいてしっかりと考えさせされる要素も盛り込まれているところが、「グリムノーツ」らしくて良かったと思います!

全編に渡って説明が丁寧で、ルビも効果的に使われているため読みやすく、「グリムノーツ」を未プレイの方にも敷居が低いファンタジー小説だと思いました!