Story42 リヴスル脱出作戦~魔神降臨~


 「あ……そうですか」


 〘待て少女!まだ話は終わっていないぞ!どこへ行く!?〙


 前の世界では中二と呼ばれる存在を見たことがなかったため一度は見てみたいと思っていたが、いざそういう人を見たら幻滅した。


 うわぁ~アレ本気でやってるの?自覚ないの?マジか~引くわ~。


 「ミ、ミム!?どこ行くの!!?」


 急にリピルに腕を引っ張られ戻された。

 え~だってこんな一緒にいるだけで気まずくなる神が魔神なんて信じられないし…


 「ミム、シガム様は正真正銘、この世界の『魔』を司る、とても位の高い神様だよ…」


 そう言うリピルも少し目をそらしている。

 ああ、この世界でもイタさという認識はあるのかな?


 しかし皆がそう思うのも当然、シガム様はその発言のみならず、その格好も十分イタいものであった。


 まず、彼はマントを羽織っているのだが、マント全体が紫色のオーラをまとっていたり、その襟の先がちぎれ、一部は浮遊していたり。

 というかまずマントの模様が……ね。魔方陣っぽいものとか記号とかが色々描いてあるんだけど、なんか…(それが普通かもしれないが)見た目も相まってとてつもなくイタいです。


 髪は漆黒で(意外と)整っており、目は黒紫。顔立ちが中々整っているところも中二臭さを強めている。

 両腕には包帯、両腕には指だしグローブ+指輪、さらに右腕にはメリケンサック。素晴らしいイタさだ!


 また、マントの下の服もなかなかすごい。襟を立てた黒いワイシャツ(やはり、襟先はちぎれている)の上に黒ジャン、これまた黒い(一部紫色の模様が入ってる)ズボンの上に革ブーツ!

 私はこれ以上のイタさを感じたことはないぞ…


 さて、あまりに彼のファッションが衝撃的すぎて説明が長くなってしまったが、本当にイタいのだ。

 当の本人は自分のファッションにかなりの自信を持っているのか〖素敵だろう?〗とか言っちゃってるし…


 〖さぁミムよ、其方の悩みは「ステータス」、さらに細かく言うと「魔力」についてだろう?〗


 「アッハイ」


 あまり直視しないようにしよう。目がやられそうだ。


 〖?我の目を見てほしいのだが…でないと其方の現状が分からぬ〗


 あーもう仕方ないなあ…

 しぶしぶ、彼の目を見る。


 すると、一瞬自分の体が自分のものでなくなったかのような感覚に襲われた。


 〖ふむふむ…んんっ!!?〗


 シガム様の唸りで我に返った。

 顔を見ると、漫画だったら額に大量に線が引かれてそうなくらいに青くなっていた。


 〖其方…噂には聞いておったが、まさか…本当だったのか!?〗


 「?何がですか?魔力がマイナスなことですか?」


 〖…えっ?あ、いや、まぁ、そ、そうだな…マイナスなのはまさに想定外、というものだ〗


 何言ってんだこの神は。なんかキョドってるし。

 私が想定外なステータスを持っていることはお見通しじゃなかったの?


 〖ししし、仕方ないな。其方に魔力を与えよう〗


 「え?」


 どもってんのが怪しいが、聞き捨てならないことも聞いたのでとりあえず置いておく。


 「魔力ってそんな簡単にもらえるものなんですか?」


 〖いや、もらえないな。……あ、いや、例外はあるが。今回がその例外だ〗


 「よっぽどイレギュラーなんですね、私の存在は」


 〖さて、そうと決めたら早急に取り掛かろう。さ、そこの魔方陣の中に入れ〗


 「は、はあ」


 この神様、真剣な場面になったとたんにイタくなくなった。

 演じてんのね、中二を…

 一体何のメリットがあるのやら。


 そう思いながら、周りに黒いオーラが充満している魔方陣の中に足を踏み入れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料