解放器 メディキュリオス

作者 角鹿冬斗

40

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ロボット愛全開の熱い描写に心惹かれつつ、ストーリーを楽しむことの出来る文句無しの一作です!
しかも、良くも悪くもリアリティのある設定が世界観の裏側には張り巡らせられていて、ただロボットに乗って暴れ回るだけじゃダメなんだぜ! というところにも興味を引かれました。
ロボ好きにはもちろん、緻密な設定が光るミリタリーもの好きにも是非オススメしたい作品となっておりますので、是非、皆様もこの機会にご覧になってみてはいかがでしょうか!

★★★ Excellent!!!

平和な日常に、突如として襲い掛かるテロリスト。そしてあるパイロットが残したメディキュリオス 。

自分にとっては好きなシチュエーションですね。運命のいたずらで主人公――カインがメディキュリオス を操るというのも、まさにロボット物の王道展開。興奮しない訳がないです!

そしてカインはなし崩しに軍に入られるのですが、そこで彼はエフィアという、メディキュリオス のもう一人のパイロットに出会います。
この子、ツンデレです(笑) 友達を作りたいのに高圧的になってしまうので、友達が作れないツンデレです。そんな彼女と友達になりたいカインですが、果たしてどうなるのか……。

王道リアルロボットアクション、ここに極まりです!

★★★ Excellent!!!

 宇宙コロニーに暮らす、ごく普通の少年を巻き込んで起こる大規模テロ。その中で主人公は謎の巨大ロボットと出会う!王道な導入部の中にも「一般的かつ主流の無人浮遊機動兵器」として、球状や流線型ラインのスクイドと呼ばれるロボットが出てきます。こうしたドローン的なリアリズムを描いた上で、主役ロボットがババーン!と出て来る格好良さ。これからの展開にとても期待が持てます、応援してます!