Legacy‐wiki 登場人物1

 カナタ・ヨウ

 初出エピソード[レガシー]

 種族 人間

 性別 男性

 年齢 16~18

 身長 172センチ

 体重 55キロ


 筋力[45](50)

 体力[55](50)

 精神力[100](50)

 敏捷性[65](50)

 外見[70](50)

 ※()内は同種族の平均値


 種族別スキル

 なし


 固有スキル

 機械操作:D

 簡単な機械の操作を行うことができるスキル。この時代では失われた技術であっても、ある程度までならそれを扱うことが可能。ランクDであればその構造を理解し軽度な損傷なら修理することが可能。

 文明知識:C

 失われた文明で培われた様々な分野に関する知識。歴史、天文学、医療など、多方面の分野に関する知識を保有する。

 ランクCであれば、知識の保有量はもちろんのこと、それを効率的に活かす術も含めて保有している。


 解説

 文明が風化した世界に目覚めた少年。

 非常に達観した性格の持ち主であり、過酷な状況下にあってもパニックを起こさずに冷静に事態を観察できる冷静さを持つ。ただし自分の命に対して執着が非常に薄いため、危機的状況においては自分を切り捨てるような選択肢をとることもある。

 自分に関する記憶はすべて失っているが、その代わり様々な分野に関する知識を保有しており、それらを有効に活用できるだけの柔軟さも持ち合わせる。

 ただし、この世界においてなんの能力ももたない人間であるため、あらゆる獣人と比較しても身体能力はかなり低い。また、知識はあっても特別な技能はもたないため、ビニティなどに比べると技術面でも大きく劣る。

 

 本作の主人公ではあるが、上述の通り精神力と知識以外はかなり低い能力値となっている。そのうえ数少ない取柄である精神面でも、シロッコやフィンネルに凹まされてしまった。がんばれヨウ。生きろ。


 カイリ

 初出エピソード[守り人の少女]

 種族 獣人種・ビニティ

 性別 女性

 年齢 15

 身長 155センチ

 体重 46キロ

 

 筋力[90](105)

 体力[105](110)

 敏捷性[150](100)

 精神力[55](60)

 外見[95](70)

 ※()内は同種族の平均値


 種族別スキル

 遊泳能力:A

 水の中で自在に泳ぐスキル。川での生き方に特化した種族であり、遊泳速度はもちろんのこと、潜水、旋回性などあらゆる部分で秀でている。特にカイリはビニティの中でも泳ぎが得意であり、激流の中であっても自在に泳ぎ回ることが可能。

 ただし、魚人種と違い肺呼吸であるため、長時間の潜水は不可能。

 木材加工:C

 木材を様々な形に加工するスキル。生活に必要なものから武器、はては建造物に至るまで様々なものを木で製作するスキル。

 ただし、カイリはビニティの中でも手先が不器用な部類に入るため、ランクはやや低めのC。簡単な道具なら作成できるが、ほかの大人たちの技術には遠く及ばない。


 固有スキル

 ビークライダー:A

 ビニティたちの相棒であるビークと息を合わせるスキル。

 一族の中でもかなり稀有なスキルであり、ビークたちと完全に心を通わせて行動を共にできる。Aランクであればあらゆる状況下で最後までビークたちはカイリの指示に従い、特にランタンとは離れた場所にいようとお互いの居場所を察知できるほど深く繋がっている。


 解説

 ビニティ一族の少女。一族の中でも類まれなる遊泳能力、ビークとの連携能力を持つが、その反面やや考えが浅く、手先の器用さでもビニティの中ではやや劣る。

 森と川で生きる自分の一族に生き方に誇りを持ってはいるものの、それと同じぐらい外の世界に対して強い憧れももっている。

 非常に人懐っこい性格であり、好奇心が強い。その性格から村の中でも常に明るくふるまっており、大人たちからも評判がいい。だがその反面旺盛な好奇心からたびたび問題を起こすこともある。

 両親十一年前に死亡。現在は兄と二人で暮らしている。


 本作のヒロイン。アホの子。

 描いていてとても楽しい女の子である反面、外の世界への憧れという要素をどのように表現していけばいいか現在思案中。

 けど手のかかるキャラクターに振り回されるのもそれはそれで楽しいです。わりかし自由に動くキャラクターなのでいい意味で物語をひっかきまわしてくれている。

 ちなみにカイリの名前の由来は、ビーバーの学名の和名である海狸かいりから。

 

 

 

 

 

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます