バカにしか読めない小説

作者 酒鶴凄字

48

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ねっとりとして、それでいて爽やかなボーイズラブでした。特に元太と比叡の濃厚なちょいワルペペロンチーノのシーンがとても印象的です。最後の戦いの前に主要人物が全員死ぬというイレギュラーな事故もありましたが、この感動は忘れられません。バカにしか読めない小説、僕には読めました!

Good!


この作品を読み終えて浮かんだのはそんな言葉だった。

しかしいかんせん展開が早い。早すぎる。『壮大で、ドラマチックな冒険』が駆け足なのはいただけない。もちろん個人の感覚としての意見なのでこれで充分だという見方もあるかもしれないが、これでは彩芽も報われない。

とはいえ作品の発想や着眼点に技ありですね。素直に感心。

★★★ Excellent!!!

馬鹿にしか読めない小説です。

まず自分が天才だと思っている方、この小説を読めるかどうかでチェックできます。

そして自分のことを馬鹿だと思っている方、素晴らしい作品になっていますよ! ぜひ、読んでお互いの意見を交換しあい、レビューしましょう!

ぼ、僕ですか?

僕はその……ほら、一般人ですから、モザイクがかかりながら読み終えましたよ。ええ、誰が登場しているかまでは全くわかっていませんけどね!

次の話にも期待して、星3つ送らせて頂きます。

★★ Very Good!!

またオレオの派生かとそっ閉じするところだった。危ない危ない、作者の罠にかかるところだった。読めないのは僕が天才だからだった。
本当にこの作品はすごい。後書きも含めて4話で完成されている作品なので、天才であっても最後のページまでは目を通すべき。そして僕と同じ道を歩むといい。
注釈のさりげなさが完璧。

しかも他のレビューがまたすごい。僕は天才だったからわからなかったけど、読めたらすごく面白いんだろうな。

★★★ Excellent!!!

恐らく、この作者が仕掛けている罠に現状、誰もが気付いていないだろう。

キャッチーな『バカにしか読めない小説』とタイトルで引き付けて、その本質はネタバレになってしまうのだが……。



この作品を評価した我々を試しているものだと考えられる。
つまり、レビュー自体でどこまで惹きつけられるのか?

この作品をどこまで伸ばすことが出来るのか? と試されているような気がする。

それに気が付いた時に私は愕然とした。

なんて、恐ろしいことをするのだ……と
この作品における真の作品はレビューそのものなのだ。

★★ Very Good!!

いや、やっぱり読めなかったや…。ってなりました。バカにしか読めないバカみたいな作品です。

自身がバカかどうか確かめるために、一度読んでみることをオススメしておきます。もっとも読めたらの話ですが。(私はバカで秀才で天才でいたかったorz



余談
(先駆者がいるとは思わなんだ…)

★★★ Excellent!!!

天才の方々が読むのに四苦八苦しているようで。
ここでいう「バカ」とは「柔軟性や想像力がある」、「天才」とは「頭が固くなっている」ということじゃないでしょうか。
しかしながら、ここではそんな頭の固い方々の為に要所要所だけネタバレを挟みながら個人的な解釈と感想を述べていきたいと思います。

※ ※ ※

比叡がたまたま「月の見える灯台」で「黒い月」を見てしまったことから、時空間戦争に巻き込まれてしまうわけですが、謎の少年として登場した関藤くんのクールなキャラに惹かれました。結局最後まで下の名は明かしませんでしたね笑。また、文章が説明的になりすぎず、しかし世界観も伝わっていたので、やはり作者さんは相当な才能を持っているのでしょう!

その後、比叡は関藤と共に「無秩序な世界<ディソーダーワールド>」の刺客と剣を交えることになります。「境界の要地<バウンダリーポイント>」である灯台で日夜行われる戦闘、そして日常とを行き来してるうちに、幼なじみの元太と彩芽に気付かれてしまうんですよね。元気はつらつな性格の彩芽は物語で大きな役割を果たしてますよねえ。比叡のように特別な遺伝子を持っているわけじゃない彩芽達は関藤から一応武器を貰ったのに、満足に戦えないというもどかしさが伝わってくるようでした。

また、この小説は比叡、彩芽、元太の恋愛も綺麗に描いています。比叡と元太は彩芽が好き、彩芽は比叡が好き。思わず「なんでそこで気持ち言わないの!」と叫びたくなるほどもどかしかったですね笑。

そして、第六章での大どんでん返し!穏健派だったはずの関藤が侵略派のアンドロイドであることが判明するんですよ!互いにいがみあっていましたが、どこか信頼していた関藤に裏切られた比叡の絶望が胸を刺しました。

そして、最後の決着の為に戦闘の舞台がディソーダーワールド側に移るとき、境界を越えられない彩芽が比叡を送り出す際… 続きを読む