…とあるリビドーの副産物…

作者 夜宮あいら

102

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


 短編集ならではの、一粒でいろんな味を味わえる――と月並みな言葉を言ってしまうんですけれども、各物語、手頃さだけで終わることもなく充実した読後感を与えてくれます。
 それはしっかりとした物語が綴られているからこそであり、三話三様の味わいは面白さと希望を抱ける気持ちを読者へ届けてくれます。
 だからこそ感じてしまう、彼女や彼のその後に触れたくなる感情。
 物語の広がりを魅せてくれる作品集を手にとってみませんか。
 おすすめですよ!

★★★ Excellent!!!

3話まで読ませていただきました。どの話も深い構成力とさらさらと読めてしまう文章には驚きました。
特に1話、2話の童話的柔らかさと魅力あるキャラはすごく好みの作品でした。どれも長編で書いてほしい……そんな欲張りにを言ってしまいそうな短編集でした。

★★★ Excellent!!!

マリアちゃん好きです……!
ネタバレになってしまうので多くは語れませんが、読む手が止まらない短編集だと感激しました。
マリアちゃん頑張れ……!
失礼しました。
そして、3話目拝読させていただきました!まず引き込まれたのは最初の地の文ですね。情景描写が綺麗かつ、映像としてきちんと浮かんで来ました。登場人物のセリフも個性を出しながらその上かっこいい。面白かったです。

★★★ Excellent!!!

筆者の短編集です。

二つ目の短編がよかったです!

キャラクター描写がいいですね! 最後のオチに持っていくまでに、ルカトゥーンの印象がどんどん変わっていき、短編でありながらも、ぐっとくるセリフに思わず驚きましたw

是非、また短編を書いて頂きたいです。

次の話にも期待して、星3つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

短編の連作のような構成です。どちらも異世界を舞台にした作品です。

一話目は、宇宙物になります。宇宙の勢力争いで、父を亡くした少女と、元配下の絆と冒険を描きます。

父親の愛機に準じた名前のスターシップで、宇宙《そら》を目指すまでが描かれます。



二話目は、魔法学校を目指す少女の話です。とんま、愚図と兄に言われながら、健気に勉強する主人公は、ひょんな事から過去の偉大な魔術師を呼び出してしまいます。兄同様に罵声を浴びせる魔術師の教えを受け、魔法学校の内定を取った主人公ですが、呼び出した魔術師は滅ぼされた国に忠誠を誓う者で……。

長編に繋がりそうな物語。

★★★ Excellent!!!

短編集、という形になるのでしょうか。
凛と美しく強い少女と、彼女を守る人間性豊かで屈強な男達。第一話は、息もつかせぬ爽快なスピード感で、少女と男達の宇宙への門出が描かれています。

この作者様の文章のハードで男臭い雰囲気は、とても独特で魅力的です。余分なシーンの一切入らないカットの切り替えが、まるでスピード感満点のSF映画を観ているようで…あっという間にその世界に引き込まれていきます。
登場人物のキャラクターもそれぞれ魅力的で、男臭くてかっこいい。まるで強い洋酒のようなハードな魅力に溢れています。

今後はどんな物語が登場するのでしょうか。いろいろなカラーのストーリーを読んでみたい!とても楽しみです。

★★ Very Good!!

SF好きにはたまらない、マニアックな単語の数々。
地の文に頼らない、高いキャラクター表現。
短いながらも過不足のない伏線と回収。
さぞ勉強熱心な方なのだと思いました。
文章表現が固めで、万人向けとはいかないところが少し残念ではありますが、マニア向けと割り切れば非常に高水準の文章です。
惜しむらくは、やや長編向けの設定が短編の形になってしまっている、ということでしょうか。
先が気になるので、続きの構想があるなら是非読ませていただきたいものです。

★★★ Excellent!!!

短編集の一編「ローズの夢見る宇宙船」へのレビューです。
父を失った少女が、かつての父の部下とともに宇宙へと旅立っていくシーンを切り取った物語です。
しっかりとしたSF設定、けなげだけど芯の強いヒロインの女の子、荒くれ者たちの熱いきずな、そして胸の高鳴る宇宙船の出航シーン…それらが丁寧な筆致でじつに滑らかに語られています。
この短いストーリーの中に、ロマン、キャラクターの熱い思い、メカニック描写がこれでもかと詰め込まれ、クライマックス、エンディングとアッというまに駆け抜けます。
正直言うと続きが読みたい気分になります。

★★★ Excellent!!!

壮大なストーリーとテンポの良さが魅力的でした。
作りこまれた映画を見ているように各場面が脳裏に浮かんで、楽しくするすると読んでしまいました。
特にローズが飛行機に乗っているシーンが最高に格好よく、それを見る劉や康の描写がとても好きです。
(私は小型飛行機が飛ぶシーンが大好きで、この場面に惹かれ数回読んでしまいました)
ローズがこれから先、蒼穹の広い空の中でどのような冒険を繰り広げていくのか、続きがとても楽しみです!

★★★ Excellent!!!

ヒロインローズは父と同じように士官学校へ行くことを躊躇った。父のいない軍では、自分はどうせ閑職となり操縦桿など握らせてはもらえないからだ。
そんなローズをプライベート含めて世話している『爺』が泰中佐でありローズも慕っていた。ふたりは父から譲り受けた館で暮らしていたが、ある日、軍の警備隊がそこへ乗り込んで来る。
淡々とローズの視線で語られる物語は上質な洋画を見ているよう。読んでいてとても心地が良い。
ラスト、荒くれ男たちと共に飛び上がる『姫竜』は圧巻。感動で胸が熱くなります。