コーヒーはまだ来ない

作者 森音藍斗

18

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

天真爛漫な主人公の阪野さんが、同じクラスの瀬古くんに話しかけたのは、ほんの偶然のこと。
しかし瀬古くんはクラスメイトの顔も覚えないほど他人に興味がない、人嫌い。恋愛なんてもっての外。
それでも阪野さんは彼と行動を共にしていくうちに彼に惹かれていくけれど――

瀬古くんによそよそしい態度をとられてもめげない阪野さんの健気さ、いつもよそよそしいくせに勘違いしたくなっちゃうような態度をとる瀬古くんのキャラクター……それに、瀬古くんや阪野さんの心理描写の巧みさなど、魅力が沢山詰まった作品です。

★★★ Excellent!!!

創作上の青春なんてものは甘酸っぱいなんて言いながら甘いだけのものが多いんですよ。カルピスか。甘いだけだろ。
この作品はそうじゃない。本当に甘酸っぱいんです。甘いところもあって、なおかつ酸っぱいものもちゃんと兼ね備えている。リアルの青春そのものです。
そう!私はこれが読みたかったんだ!って感じでしたね。それがあってかずぶずぶと読み進めてしまいました。大変面白かったです。