咆吼戦記ヴルカーン

作者 湊風紳 響起

34

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最新の第4章第3話まで読んだレビューです。
まず驚かされるのはその世界設定の緻密さ、濃密さです。この物語には少年の夢を搔き立てる要素がこれでもか!ってくらい詰め込まれています。それはロボット「ヴルカーン」、超巨大戦艦、多種多様な亜人間たち、さらに魔術、ロボットに対抗しうる守護霊、選ばれた血統騎士、ヴルカーンのパイロットを宿命づけられた少年、と枚挙にいとまがありません。
それでも物語が混乱していないのは世界観が緻密に組み立てられているからでしょう。そしてなにより作者がこの世界を愛し、読者に愛してほしいと、物語を通じて語りかけてくるのが心地よく感じます。情熱があり愛情があり、だからこそ読者も楽しく読むことができるのでしょう。
キャラクターの多彩さ、戦闘シーンの細やかさと熱さ、重厚な世界観が印象的な物語です。