🌞配列とfor文をつかった基本的で代表的で実践的なプログラムを考察してみましょう。 これらのプログラムは配列とfor文を用いたプログラムの基礎的な構造を備えています。🌞

配列とfor文をつかった基本的で代表的で実践的で役に立つプログラムを実行してみましょう

ソーラー「みなさん こんにちは


配列とfor文は相性がよく


配列とfor文はセットで使われることがおおいいんです。」


アレサ「配列とfor文が組み合わせてプログラム上で用いられるということなのですか?」


ソーラー「そうなんだ(´▽`*)


配列とfor文の組み合わせは


プログラミング言語そのものに深くかかわっていて


C言語だけでなく


いろんな言語でも使用される


基本的で重要な組み合わせなんだ。


そして


配列とfor文を組み合わせた重要な基本的なプログラムというものも


いくつかあるんだよ


アレサ(^_^)/」


アレサ「配列とfor文を組み合わせた重要な基本的なプログラムですの・・・」


ソーラー「そうさ アレサ



今日は


配列とfor文を使った基本的で代表的で実践的で



           😊非常に役に立つ😊



プログラムを実行してみましょう。」



まずは


         🍓配列変数を初期化するプログラムです🍓



ねえ


アレサ


配列を初期化するには


どのような方法があったかな?」


アレサ「配列を初期化する方法ですの?


もし


int型の配列宣言


int hairetu[5];



実行し


生成されるint型の配列変数


hairetu[0]

hairetu[1]

hairetu[2]

hairetu[3]

hairetu[4]


を初期化するなら


hairetu[0]=0;

hairetu[1]=1;

hairetu[2]=2;

hairetu[3]=3;

hairetu[4]=4;


のように


数値を代入し初期化しましたの。


もっと簡単な方法では


int型の配列宣言と同時に


int hairetu[5]={0,1,2,3,4};


のように記述して


生成されるint型の配列変数


hairetu[0]

hairetu[1]

hairetu[2]

hairetu[3]

hairetu[4]


を初期化する方法がありました。


次のようなプログラムでしたね。


#include <stdio.h>


int main(void) {


int hairetu[5]={0,1,2,3,4};


printf("%d\n",hairetu[0]);

printf("%d\n",hairetu[1]);

printf("%d\n",hairetu[2]);

printf("%d\n",hairetu[3]);

printf("%d\n",hairetu[4]);


}

return 0;

}


ビルド実行結果


1

2

3

4

5



あるいは


配列とfor文をくみあわせて


ビルド実行結果のprintf出力表示をおこなうなら


次のようなプログラムとなります。


#include <stdio.h>


int main(void) {


int hairetu[5]={0,1,2,3,4};


int a = 0;

for (a = 0; a < 5; a++) {


printf("%d\n",hairetu[a]);

}

return 0;

}


ビルド実行結果


1

2

3

4

5


ソーラー「そうなんだ。(´▽`*)


int型の配列宣言


int hairetu[5];



実行し


生成されるint型の配列変数


hairetu[0]

hairetu[1]

hairetu[2]

hairetu[3]

hairetu[4]


を初期化するなら


hairetu[0]=0;

hairetu[1]=1;

hairetu[2]=2;

hairetu[3]=3;

hairetu[4]=4;


のように


数値を代入し初期化すればよかったんだ。


だけど


もし


int型の配列宣言


int hairetu[10000];



実行し


生成されるint型の配列変数


hairetu[0]

hairetu[1]

hairetu[2]

hairetu[3]

hairetu[4]

hairetu[9997]

hairetu[9998]

hairetu[9999]


を初期化するとしたらどうなると思うかな?」


アレサ「初期化する配列変数が10000個もあるんですの・・・


ん~~~ん~~~???」


ソーラー「


手動で


hairetu[0]=0;

hairetu[1]=1;

hairetu[2]=2;

hairetu[3]=3;

hairetu[4]=4;

hairetu[9997]=9997;

hairetu[9998]=9998;

hairetu[9999]=9999;



int hairetu[10000]={0,1,2,3,4,5・・・・9997,9998,9999};


のように


配列変数を初期化していくのはとても大変だね。


そこで


配列とfor文を組みわせて


配列変数を初期化する方法があるんだ。


そのプログラムはこちらとなります。


#include <stdio.h>


int main(void) {


int hairetu[5];


int a = 0;


for (a = 0; a < 5; a++) {


hairetu[a] = a;

}

//👆配列変数を初期化しました


printf("%d\n", hairetu[0]);

printf("%d\n", hairetu[1]);

printf("%d\n", hairetu[2]);

printf("%d\n", hairetu[3]);

printf("%d\n", hairetu[4]);


return 0;

}


ビルド実行結果

0

1

2

3

4


ソーラー「int hairetu[5];


により生成されるint型の配列変数


hairetu[0]

hairetu[1]

hairetu[2]

hairetu[3]

hairetu[4]



0

1

2

3

4

が代入されて初期化されているのがわかるね。



   🌞🌞🌞配列とfor文を組み合わせて🌞🌞🌞


     🌞🌞🌞配列変数を初期化🌞🌞🌞


         したわけだね。



配列とfor文を組み合わせた基本的なプログラムの1つ目というわけだね。





次に


    配列とfor文を組み合わせた基本的で重要なプログラムは



 

   🍓配列変数に格納されたデータをprintf出力表示するプログラムです🍓




今の


このプログラムでは

👇

#include <stdio.h>


int main(void) {


int hairetu[5];


int a = 0;


for (a = 0; a < 5; a++) {


hairetu[a] = a;

}

//👆配列変数を初期化しました


printf("%d\n", hairetu[0]);

printf("%d\n", hairetu[1]);

printf("%d\n", hairetu[2]);

printf("%d\n", hairetu[3]);

printf("%d\n", hairetu[4]);


return 0;

}


ビルド実行結果

0

1

2

3

4


ソーラー「int hairetu[5];


により生成されるint型の配列変数


hairetu[0]

hairetu[1]

hairetu[2]

hairetu[3]

hairetu[4]



格納されている数値をコマンドプロンプト画面に表示するのに


printf("%d\n", hairetu[0]);

printf("%d\n", hairetu[1]);

printf("%d\n", hairetu[2]);

printf("%d\n", hairetu[3]);

printf("%d\n", hairetu[4]);


を実行しました。


ですが


もし


int hairetu[10000];



実行したなら


int hairetu[10000];


により生成されるint型の配列変数


hairetu[0]

hairetu[1]

hairetu[2]

hairetu[3]

hairetu[4]

hairetu[9997]

hairetu[9998]

hairetu[9999]


格納されている数値をコマンドプロンプト画面に表示するのに


printf("%d\n", hairetu[0]);

printf("%d\n", hairetu[1]);

printf("%d\n", hairetu[2]);

printf("%d\n", hairetu[3]);

printf("%d\n", hairetu[4]);

printf("%d\n", hairetu[9997]);

printf("%d\n", hairetu[9998]);

printf("%d\n", hairetu[9999]);


のように手動で記述するのは大変だね。


そこで


今のプログラムを次のように書き変えます。」


#include <stdio.h>


int main(void) {


int hairetu[5];


int a = 0;


for (a = 0; a < 5; a++) {


hairetu[a] = a;


printf("%d\n", hairetu[a]);

}

//👆配列変数を初期化すると同時に格納された数値をprintf出力表示するようにしています


return 0;

}


ビルド実行結果

0

1

2

3

4


ソーラー「やったね。」


アレサ「配列変数を初期化するfor文のブロック{}内に


配列変数に格納されている数値を表示するprintf文を組み込んだのですね。」


ソーラー「そうなんだ(´▽`*)



   🌞🌞🌞配列とfor文を組み合わせることにより🌞🌞🌞


   🌞🌞🌞配列変数に格納されている数値を🌞🌞🌞


  🌞🌞🌞簡単にprintf出力表示することができたね🌞🌞🌞



配列とfor文を組み合わせた基本的なプログラムの2つ目というわけだね。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます