しんでしまったら教会へ

作者 白里りこ

157

67人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルだけ見たら某RPGのパロかな? と思って読んでみたものの……え、なにこれ怖い。でも、確かに普通はこうなりますよね。

教会に行ったら生き還れるって思考回路、なかなか危険ですね。意外な展開に持ち込む文章力が凄まじい。

これこそ、死した勇者が辿る正当な結末……ではあるけれど、何だかモヤモヤするw良い意味で裏切られる作品です。

★★★ Excellent!!!

神に導かれ、異界にて勇者として文字通り命をかけて戦ったあとの物語です。

概要から勝手に憶測して読み進め、どこかで神の手により……などと安易に考えていたことが、大きく瓦解しました。
誰もが予想しない結末。
唖然とする読み手の顔、ニヤリと笑みを浮かべる書き手。

これはアンチテーゼ的な新しい物語です。
万人にはどうかと思いますが、お奨めしたい一品です。

Good!

この作品を読み終わった時の私の感想は、???でした。他の人のレビュー内容が理解できない!
真相は、作品紹介文と本編がセットとなって、初めてニヤリとさせる構成だったのです。何故こういう構成にしたのかは、理解できませんが。きっと作者は、洒落の効いた面白い人物なのでしょう。
ですが、面倒臭かったので、星1つにしました。

Good!

処理を施される際の描写が吐き気を催すほど惨たらしくて、最後のめでたしめでたしで吐きました笑

勇者本人はこうなることを分かっていて了承したのか、すごい気になります。

あまりにも短編すぎるのと、終わりがちょっと雑に感じたので、期待を込めての☆一つとさせていただきます。