女なんか死ねば良い

作者 上星(かみほし)

85

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

少女の身体だけが燃えるという不可解な事件が続発する。
女嫌いの主人公が、事件現場に居合わせたという理由から、付きまとってくる少女とともに真相へ挑んでいく……

シンプルな構成ながら、ファンタジックな側面とミステリーの融合した展開には胸が踊ります。
何より、冷たく論理的で容赦のない主人公がカッコいい!
異能力同士がぶつかる怒涛のバトルシーンも必見です。

★★★ Excellent!!!

いやー、面白かったです(笑)
流石、ミステリー部門で活躍されているだけあって、最後まで気の抜けない展開を作り出すのは流石だなと思いました。
その上星さんが更にバトルものにまで手を出してしまわれたら……
うん、ずるいです(笑)
と、それはさておき、登場人物も個性的で短い話のなかで良く掘り下げられていると感じました。
特に女嫌いの主人公:茅ヶ崎龍河、かっこいいですね!
初めは単に女嫌いかと思いましたが、実はその理由が深い!
その理由は是非、読んでご覧になってみてくださいね!
ちょっとネタバレみたいになっちゃいますけど、「言ったはずだ。『惚れたら殺す』ってな」はしびれました。
漫画化はもちろんのこと、できれば長編小説としてもシリーズ化してほしい作品ですね。
今後の戦いが非常に気になります!

★★★ Excellent!!!

コテコテのミステリーでない分、すごく柔らかくて、角のないお話だった。
でも、なんだろう。
話としては謎が残ったままなのに、綺麗に纏まってる感がある。

主人公の考えにまだ消えぬ、このモヤモヤ感。
気持ちはわからなくないけど!的な。

濃厚ミステリー書きの描く異能バトルミステリー、ソフトテイストで後味が大辛並です。

★★★ Excellent!!!

きちんとミステリしています。ハウダニットだけがバトルファンタジー要素ですが、それ以外はきちんと伏線もあり、最後は驚くべき決着をします。
推理しながら読むと非常に楽しいです。
予想が当たったり、当たらなかったりした部分がありました。
ぜひとも一読してみてください。ぐいぐい引き込まれます

★★ Very Good!!

いろいろな方がレビューしたりしているのを見かけていましたが、どんな内容なのかわからなかったのがこの作品。

「異能バトル…? 謎解き……? どーゆーこと……?」と思いながらいざ読み始めると、その内容におおっ!となりました。

まず冒頭。ここから始めるのが巧い。
そして、事件と、キャラ掘り下げ。
それら様々な要素が、クライマックスのバトルに一気に結実する。
そしてそのラストバトルの熱さ。主人公の能力の見せ場はたまりません。


もっと長い文字数で、もっと多い登場人物で読みたい、そして続きも見てみたい、そう思わせられる作品でした。

★★★ Excellent!!!

冒頭からの伏線を含めて、一気に謎を解いた後の、バトルからも目が離せませんでした。

能力も使い方次第でここまでやっちゃう主人公から、目が離せませんでした。
読み終わった後、タイトルで、まさに今後の主人公の生き様を改めてつきつけられました。

★★★ Excellent!!!

色んな方がお勧めしてたので読んでみました。なるほど、面白い。
キャラクターや設定が魅力的で、文章も読みやすく、ミステリー風味ということもあり続きが気になってすらすら読めちゃう、そんな作品。
最初はファンタジーみたいに始まって、ミステリー?超能力もの?と不思議に思っている内にあれよあれよと読まされて最後のあのバトル!
是非漫画化、アニメ化して動いているところを見てみたいです。

★★ Very Good!!

ミステリー風味なこの作品。殺したいほど女が嫌いだという龍河と、(彼はストーカーと言って面倒がっていますが)明るい由芽を中心としたストーリーです。

彼の周りで起きる女子高生火達磨事件。
もしや超能力か!?という謎の多い事件の犯人を見つけ出す目的で、アンバランスな2人は手を組んで動き出します。

そして真相を語り始めてからのラストまでの展開!ああ、そうかと納得。オープニング部分に繋がってほっとしたというか、そうだったんだとしっくりきました。衝撃の展開が待っていました。

大長編のプロローグを読んでいるような素敵なストーリーでした。
先の読めない展開に、ラストまで一気読みでした。

★★★ Excellent!!!

すごいタイトルの作品が現れました!
カクヨムの中でこれほど興味を引くタイトルは、この作品が初めてです。

内容は、ミステリーでありアクションであり純愛でありエンターテイメント。
そのすべてにおいて完成度が高いです。

謎解きを楽しむ前半と、迫力満点の後半。
特に後半は急展開に次ぐ急展開で、細かいところまで説明してしまうと、皆様の楽しみを奪ってしまうことになりますので、とにかく読んでみてほしいです。

★★★ Excellent!!!

素晴らしかった、その一言に尽きる!

ミステリーパートとアクションパート、どちらもハイレベルにまとめられている。その根底となるのは描写力。事件の、ほとんど外郭をなぞっただけでも確信に迫るために、必要材料を巧みに散らばせてある展開はさすがである。僕はもちろん、二度読み返した。

異能バトルも、名前かっこいいし、疾走感に溢れていてわくわくさせられる。あれだけミステリー書ける人がバトルも書けるなんて、狡い(笑)

ほとんど一対一の劇なのに、けして飽きさせない文章力は必見だ。
続編があってほしい!

★★★ Excellent!!!

 龍河が女嫌いになった経緯がよく描かれています。
 過去に凄くモテる友達がいたので、とても共感しました。
 そんな彼が女との約束のために戦うのが皮肉というか悲しい物語ですね。
 ミステリーありを謳っているだけあって非常に巧みでした。
 完全にスルーして途中で読みに戻った部分もありましたし、
 龍河が謎を解明できた理由がこれまた……
 従来とは一味違った異能力バトル作品です(^_^)

★★★ Excellent!!!

 極度の女嫌いの主人公に、絶妙な距離と台詞の応酬で事件のあらましや推理を披露して、事件解決を仕向けるワトソン役の女子。

 この二人のやり取りを中心に事件は進んでいきます。
 主人公はなぜ女性を嫌うのか、連続発火殺人の殺害方法は。それに冒頭の王族たちの悲壮感溢れる一幕。
 これらがジグソーパズルのピースのようにかちりとはまった時、事件は違った側面を見せます。

 犯人は誰で、その動機は?
 異色の学園ミステリ、惨劇の幕は今開く!

★★★ Excellent!!!

過激なタイトルから危険な人の作品かもしれないと、恐る恐る読み始めたのですが、そんな心配は無用でした。安全です。
この作品は、美少女連続炎殺事件を扱うまっとうなミステリーです。
しかも探偵は、なにやら訳ありの主人公とそのストーカーの美少女コンビ。
そのやり取りとも、現場捜査も、なかなか堂に入ってますよ。
それでも後半は、謎を解明しつつの、バトルファンタジー的な匂いもしてきました……
これはまとも(失礼)に面白い作品ですので、どうぞ安心してお読み下さい。

★★ Very Good!!


女の子を振っても振ってもまた告白される龍河くん。
それだけでも羨ましいのに、可愛いストーカー(みたいな娘)までいるなんてっ!

とまあ、そういった個性的なキャラクター設定のもとで、謎を探りながらのストーリー展開。
冒頭との絡ませ方など、色々と先が気になる作品です。




★★★ Excellent!!!

冒頭の異世界のシーンから一転、現代世界での謎の火達磨事件。
主人公は極度の女嫌い。
また話の線が繋がりませんが、まず現実世界での事件解決に奔走する主人公と主人公のストーカー。
そこに冒頭の少女とどんな関係があるのか。
先が気になる展開です。

最後まで読了。

よくこの文字数でここまでの情報を詰め込んだなぁと正直驚きました。
異能バトルと言ってしまえばそこまでですが、そのバトルに美しい流れがある。謎を解き明かす流れも美しい。

この作品は、文体、登場人物、設定、殺戮、全てに美しさがあります。
そして何よりも、徹底してブレない主人公。冷酷な表向きの態度の中に隠された優しさ。
是非お読み頂きたい一作です。