天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

 日本神話を代表する神剣であり、三種の神器の一つ。草薙の剣(くさなぎのつるぎ)、都牟刈の大刀(つむがりのたち)、八重垣剣(やえがきのつるぎ)と称されることもある。新田神社の神体であり、三種の神器の中では天皇の持つ武力の象徴とされる。

 須佐之男命(すさのおのみこと)が出雲国で倒した八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の尾から出てきた剣であり、八岐大蛇の頭上には常に雲が立ち込めていたことから、「天叢雲」と名付けられた。

 古来より日本人にとっては馴染み深い一振りであはあるが、ゲームや漫画ではいまいちぱっとしないことが多い。(例外はあるが……)それは、「エクスカリバー」などの名剣と比較して際立ったエピソードがなく、斬ったものといえば「草」ぐらい……というのが、その理由の一つかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料