PCエンジンからプレイステーション、そして……

 初代の「ときめきメモリアル」は、コナミが発売した最後のPCエンジンタイトルだった。コナミの売りである「ツインビー」や「グラディウス」といったシューティングゲームの市場が低迷する中、何か新しいものを……と辿り着いたのが「恋愛シミュレーションゲーム」だった。(かなる舵取りがあったのかは謎)

 とはいえ、いわゆる「美少女ゲーム」はゲーマー間でもその地位は低く、前評判は良くなかった。だが、いざ発売されるとゲーム雑誌各種で高評価を連発。口コミで評判を高めていく。

 そしてついに人気が爆発するのだが、PCエンジンの市場が末期を迎え、何よりコナミ自身がこんなに売れるとは思っていなかったこともあり、「ときメモ」は入手困難なレアソフトとなってしまう。

 このような背景を受けて発売されたプレイステーション版は当然のように大ヒットを記録。それ以後も、スーパーファミコン、セガサターン、PC、ゲームボーイへと「ときメモ」の波は広がっていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料