SSからPSへ……拡大する「カルドセプト」の世界

 そもそもはセガサターン用のタイトルとして発売された「カルドセプト」。プレイステーションへの移植に当たり、新カードの追加・変更などのバランス調整が行われたが、何よりも「メモリーカード」への対応は大きかった。

 自分のデータを持ち寄っての対戦や、追加マップと特別ブック(カードデッキ)を収録したアペンドディスクの発売など、現在の「通信対戦」や「ダウンロード配信」に通じる試みが、「メモリーカード」によって実現したのである。

 ちなみに、アペンドディスクに収録されているオリジナルシナリオは単体でも遊ぶことが可能で、これまた「体験版」の走りとなっている。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料