古き良き時代の意欲作

 ――良作か駄作か。本作ほど人によって評価が分かれるゲームも珍しいだろう。ただ一つ言えることは、当時のスクウェアが「RPGのスクウェア」という地位に甘んじることなく、新たなゲーム作りに取り組んでいたということ。その結果生まれた本作は、誰もが認める名作とはならなかったかもしれないが、対戦格闘ゲームの新たな可能性を切り開いたことは間違いない。近年のゲーム業界では決してリリースされることがないであろう独創的な作品を、ぜひ一度は遊んで欲しい。


 なお、本作の続編となる「弐」もアーカイブスで配信されているので、こちらも合わせてお勧めしたい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料