「ヒゲ」の一声

 本作は「不思議のダンジョン」シリーズで採用されているターン制と、FFシリーズでお馴染みの、リアルタイムで戦闘が進むATB(アクティブタイムバトル)を融合した、TAT(ターンアクティブタイムバトル)を採用している。これはFFの生みの親である坂口博信の「絶対にATBを入れよう」という指示があったため。その結果、移動中はターン制、敵との戦闘中はATBという、字面ではややこしいシステムになったのだが……ちゃんとゲームとして成立しているのだから恐れ入る。TATは「敵を攻撃する」→「素早く離れてATBバーをリセット」→「また敵に接近して攻撃」というヒット&アウェイ戦法を生み出し、総じて戦闘の難易度は低めとなっているが、この戦法が通じない敵も存在するなど、そのバランスは絶妙だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料