やってごらん、ワイルドアームズ

 後にシリーズ化される作品は、名作であることが多い。中には「なぜこの作品の続編が……?」と首を傾げたくなるものもあるが、本作は紛れもなく名作である。ともすれば異色作と言われてしまう要素を多分に含みながらも、私がなぜ名作だと言い切れるのか……その理由を知るためには、プレイして貰うより他にない。戦闘時におけるポリゴンの荒さやテンポの悪ささえ慣れてしまえば、現在でも十分に楽しめるRPGである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!