ゼ○ダの伝説的RPG

 少しプレイしてみれば分かることなのだが、本作は明らかにゼ○ダの伝説をパク……もとい、リスペクトしている。キャラクターの頭身に始まり、行く手を阻む様々なトラップ、それを回避するためのグッズに至るまで、驚くほどよく似ている。……似ているのであるが、それはあくまでゲームシステムの部分。片やアクション、片やRPGというジャンルの違いを始め、ゲームの根幹をなすストーリーは全く趣を異にしている。そのため、プレイヤーは「あれ? これってどこかでやったような……」という気分を味わいつつも、新たなゲーム展開を楽しむことができるのだ。それが本作の面白さの全てとは言えないが、効果的なエッセンスになっていることは間違いないだろう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料