やり込み、その先にあるもの

 「V」を語る上で欠かせないのが、「隠しボス」を初めとするやり込み要素の数々である。「オメガ」に「神竜」……ラスボスよりも強いモンスターの登場は、多くのプレイヤーを熱狂させた。とはいえ、倒したところでエンディングが変わるわけでも、強力な武器が手に入るわけでもない。唯一手に入る「勲章」は文字通りの意味しかなく、その価値はそれを手にしたものにしか分からないものだろう。


 「隠しボス」の存在は他のやり込み要素……「ジョブマスター」をも牽引した。ラスボスを倒すだけなら全てのジョブをマスターする必要もないのだが、さらに強い敵がいるとなれば話は別。レベル99は当たり前、より強くなるためにジョブを極めんと欲すその様は、さながら求道者である。


 その一方で、戦術を工夫すればレベル1でもボスを撃破できることが判明すると、「低レベルクリア」という新たなやり込みも誕生した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!