咆哮のルドルフ

作者 淡 湊世花

単発の1クールアニメで、面白い作品を見終わったときにも似た感じ

  • ★★ Very Good!!

 良くまとまっていると思う。

 世界の命運を賭けなくても、勇者と魔王の壮絶な戦いなどなくても、ファンタジーというものは、とても魅力的な題材なのだと思い返させてくれる。そんな良作に出会った気分だ。

 些事ではあるが、気になる描写もあった。
 ファンタジー世界としてのディテール部分。
 あまり突っ込むのも野暮ではあるが、そこでその単語を使われてしまうとファンタジー世界から現実に引き戻されて冷めてしまう、という気分を味わったのも確か。
 執筆歴やファンタジージャンルへのインプット部分までは存じ上げないので、気にする私みたいな厄介な読者もいるくらいの認識でいてもらいたい。
 結局のところ、別の表現で解決してしまうものでもあるわけだし。

 設定やストーリー展開の賜物か、すらすらと読めてしまったあたり作者さまの筆力、またタイトルのセンスなど、伸びしろを感じる。
 多少の善し悪しはあるが、根底に悪人が描かれていない部分も、もしかしたら読みやすさの一因かもしれない。
 ハイではあるが、ダークではない、そんなファンタジーを求めている読者にオススメしやすい作品。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

おおさわさんの他のおすすめレビュー 405