咆哮のルドルフ

作者 淡 湊世花

堅実なハイ・ファンタジーがお好きな方は、ぜひ!

  • ★★★ Excellent!!!

 ファンタジー作品は、その作品独自の世界観、価値観を身につけることができないと、真に楽しむことが出来ないと思います。
 その点この作品は、プロローグの次、第二話目で、もう主人公兄妹が、あたかも隣人であるかのような身近な存在に感じられます。
「お隣の兄妹、相変わらずだなぁ。あれ、妹さん、今日は、なんか怒っている。さて、何があったんだか」
 そんなふうに、言えてしまうくらいに、ごく自然にこの世界に惹き込まれていきます。

 惹き込まれたあとに続くのは、「謎」。
「あれは、いったい、どういうことだろう?」と思うとページを繰る手が止まりません。

 登場人物もいい!
 勝ち気な妹と、寡黙な兄。この二人の間の雰囲気が素敵なのです。
 魅力的な(一癖ありそうな?)人物も登場し、全然、気にしていなかった人物が実はなかなかの人物で……。

 堅実なハイ・ファンタジーがお好きな方は、ぜひ一度、ページを開いてください!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

月ノ瀬 静流さんの他のおすすめレビュー 179