ブレイズ ~煉獄への道程~

作者 柏沢蒼海

17

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 リアリティにあふれる世界観や設定で、豊富なミリタリー知識に裏付けられた作品が魅力の氏、好きですね。今作も、物語の背景からなにから、考え抜かれた緻密さで圧倒してきます。氏の作品はどこか、今を生きている我々と地続きな戦場を彷彿とさせますね。今後、初陣を終えた「僕」の戦争をもっと見たいので、応援の気持ちを込めて!

★★★ Excellent!!!

むせ返るほどの殺伐とした戦場を舞台に、部隊のルーキーである主人公の視点から描かれたミリタリーロボット短編。(良い意味で)主人公が『ヒーロー』として描かれておらず、あくまで一つの戦術単位として語られています。
戦闘前の格納庫でのやり取りから出撃シーケンス、そして濃厚な戦闘シーンと、とにかく『戦場というシチュエーション』に没入できる作品。オススメです!

★★★ Excellent!!!

 超本格的ミリタリーSF戦記、と始めに言っておきます。
 ロボットというフィクション要素に地に足付いた戦争というリアルな要素を織り交ぜたこの作品の中に登場する人型兵器は決して最強ではなく、ただ一介の兵器として描かれ、それがキャラクター達に死というものを実感させています。
 FCS(火器管制システム)やIFF(敵味方識別装置)などの実際の戦闘機に搭載されている装置が、読者に現代的な戦争の延長にこの作品があることを感じさせています。

 スーパーロボット系のような華やかさは無い。けれどこれには戦うパイロット達の悲哀と興奮が描かれている、リアルなロボットアクションだと断言出来ます。

★★ Very Good!!

個人とすれば、最後の主人公の一人だけ生き残ってしまった余韻が好きです
機体周りの描写は丁寧で、ワイバーンには何があるのか、というのは理解しやすかった印象

一方で、機体の起動チェック時のIFFなどにルビがあっても良かったかな、と。それが何なのか、何の略なのかが気になるので
あとはその手の知識に疎い人から見れば、デコイなどの専門用語の意味が欲しくなる。これもルビ振りで、提示してくれると更に読みやすくなります

そういう部分もあったので厳しめにしました
が、続きに興味はあるので、期待も含めて星は二つとさせてもらいます
主人公の未来はどこだ――

★★★ Excellent!!!

 降下、戦闘、そして仲間の死。
 戦場に感じられる様々な事象が、このエピソードの中で駆け巡るのが分かります。その中でケントという主人公は、死という最も恐ろしい存在に抗いながらも、ロボットを駆使して戦っています。

 これほどに濃厚で虚しい戦闘はないかもしれません。戦場というのは、やはりヒーロー性のない地獄である事を物語っています。
死を感じられる逸品。ぜひ読んではいかが?