泡沫の夢をみる2 楼主の事情

作者 早瀬翠風

切なすぎて胸が痛くなる。ただ堪え忍ぶ。いつかその日がくるときまで。

  • ★★★ Excellent!!!

身分違いの恋のお話は多いけれど、ここまで切なく苦しいお話は中々ないでしょう。

己の手で愛するものを苦界に落とす楼主の辛さと、すべてを知られている遊女のやるせなさが、情景の美しさとともに胸に染み入ってきます。そして心情に沿うようにピタリとはまる和歌が、深い趣を増してくれます。

しがらみにとらわれ、身動きのとれない二人の、堪え忍ぶ思いの深さに涙がこぼれます。

第一作の脇役であった二人にスポットライトを当てたお話ですが、全く違った趣があります。独立したお話の中に、ちらちらと前作のシーンがかいまみえ、二度おいしい作品です。美しく艶かしく、艶やかな世界の裏にある、生きた心情を堪能してください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

楠秋生さんの他のおすすめレビュー 585