幕間

        §


 この部屋は犬臭い。彼女は物陰で様子をうかがった。

 さっきの奇妙なやつは、テーブルに何かを置いて部屋を出る。

 水音がする。シャワーってやつだ。

 テーブルに飛び乗り確かめる。それからは少しだけ、友達の匂いがする。

 弄っていると紐が首に絡まった。ちょうどいい、友達への戦利品だ。

 それにしても、ここはどこなんだろう? 開いた窓から顔をのぞかせる。

 見たことのない景色。嗅いだことのない風の匂い。

 わくわくを抑えきれない彼女は、迷うことなく飛び降りた。


        §

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!