幕間

        §


 彼女はいつも楽しいことを探していた。

 遊び相手がいない時は窓から外を眺め、来客があれば必ず確認に走る。

 その夜はずいぶん騒がしく、部屋に入ってきた客人は見たことのない顔だった。

 出て行った彼女の友達を待つでもなく、一人でなにかごそごそやっている。

 遊んでもらえる相手なのか。ちょっかい出してみようかしら。

 彼女が考え込むうちに、すぐに部屋を出てしまう。

 奇妙なやつだ。ドアからじゃなく、部屋の角から出て行った。

 後には透明な石のようなものが浮かんでいる。

 ふわふわとたよりなく揺れ、好奇心をかきたてる。

 消えかかりながら誘いかけるそれに、彼女は我慢しきれず飛びついた。


        §

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます