最弱魔導士の栄光

作者 宵時静空

70

28人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

上条蓮華との出会い編まで読ませていただきました。
登場人物の台詞とか、気持ちとか、等身大のものを描けるのはやはり素敵な意味で、武器だと思います。
死霊である、アンデッドが出てくるという内容はやはり燃えるものがあります。
戦闘シーンは勢いが出ていて、同じ戦闘シーンを扱った身として勉強になりました!
主人公の神堂睦月に、なんと隠された◯◯が――!?
是非、死霊ものがお好きな方は、読まれてみて下さい。

★★★ Excellent!!!

 過去の暗い来歴のため、他人と距離を置きがちな主人公睦月。
 そんな彼の前に現れた転校生、上条蓮華。
 二人のぶつかり合い、そして成長が物語の主軸になる、学園ファンタジーです。
 なぜ睦月は感情を失ったのか。そして最弱に甘んじているのか。
 それらの謎が敵対する存在、死霊の謎に迫ることで、少しずつ解明していきます。
 睦月は感情を取り戻せるのか。そして蓮華の下着の色は何だったのか。
 更新が楽しみな一作です。

★★ Very Good!!

王道の設定ながらに人を惹きつける力を持ったファンタジー。
キャラクターたちが立っていて、ぽんぽんと愉快に繰り広げられる応酬は読んでいて心地いい。
個人的には霞との掛け合いが好きです。

惜しむらくは、たまに説明が分かりづらく何度か読み返した場面があったところ。
けれどもそれを含めても、先へ先へ読ませる力があるのが凄い。

今後の展開に期待しています!

★★★ Excellent!!!

多分ですね、あらすじ見た方は既視感覚えると思うんです。異能とか学園とか最弱とか。でも、それを「読ませる」ストーリーに構成にして展開するのは技量がいることだなあと、読みながら感じていました。

幾つもの事件が並行して起こりながらも、アンデットの侵攻は止まらない。主人公のトラウマと葛藤、そして息もつかせぬバトル。
怒涛の展開を一切散らかることなくまとめています。

難しいこと考えずに、王道を改めて読んでみて下さい!

★★★ Excellent!!!

主人公の過去と隠された秘密がカッコよくてスイスイ読みました!!

ここで言えないのが悔しい!
なのでぜひ読んでいただきたいです。
主人公の秘密があきらかになったとき「おお…っ!」ってなりました。

あと上條さんがかわいいです。
話が進んでいくうちに仲良くなっていくのがいいですねー。
対抗戦が体育祭のようでテンション上がりながら読んでます。
続き楽しみにしてます!

★★★ Excellent!!!

アンデットという人類の敵たる怪物を倒す為に存在する魔導士。そしてその魔導士を養育する為に設立された『魔導学園』。
その中にいた『神堂睦月』という主人公はある理由から魔道を使えない最弱学生ですが、最弱なりにあの手この手で戦う。

いわゆる異能学園モノですが、睦月君や周りのヒロイン達のケレン味溢れる戦闘、そして次々と起こる事件が物語を楽しませてくれます!
またヒロイン達も可愛い。特に上条蓮華ちゃんのツンデレっぽさが可愛くて、睦月君とのやり取りは微笑ましい物です!

次々と起こる陰謀と事件。そして迫り来るあらゆる種類のアンデット。読みやすい文章と共に、数々の怒涛の展開が迫ってきてページめくりが進む進む!

異能と学園が好きな方には一見の価値ありです!

★★★ Excellent!!!

 国家公認の『魔導学園』。そこに通う少年、神堂睦月は最弱落第生の烙印を押されていたのだが……。

 冒頭のデバイスによる模擬戦闘が『魔法科高校の劣等生』を彷彿とさせて、アクション系ライトノベル好きなら思わず胸が熱くなること間違いなしっ。
 つんとしたヒロイン、上条蓮華が個人的には好きです。変に萌え萌えしていないところがいいのかも!?

 『最弱の誕生』のエピソードで明かされる神堂の過去も丁寧に描写されていて、感情移入度も強まりますね。そこから『襲撃』のエピソードや、『開幕』から『代表戦』のエピソードと読者を飽きさせない展開が怒涛の如く押し寄せて、ページをめくる……いやクリックする手が止まりません。

 皆さまも是非、最弱落第生の神堂君を応援してみませんかっ(⌒∇⌒)