17-16 : 悪意そのもの

「あらあら……? まあ、まあまあ……」



 全身を硬直させたローマリアが、表情までも固まらせて、感心した声を出した。



「これは……影縫いの術式ですか? 何てことでしょう……全く動けませんわね」



「貴様の影、頂いた……」



 魔法使いのおさの3人目の弟子、影使いが低い声で言った。ひどく病弱に見える影使いの、陽光に照らされるその足下には、自身の影がなかった。



「我が影縫いの術式は、何人なんぴとも逃さぬ封印魔法……詠唱に時間を要し、動作も鈍重ゆえ、戦場向きではなかったが……兄弟子2人が時を作ってくださった……。最早もはや逃げられぬぞ、魔女よ……」



 そうつぶやく影使いの口元は、その手応えに笑っていたが、額には汗が噴き出して、足下はふらついておぼつかなかった。



「ええ、存じておりますわ……影縫いの術式は、第1級の封印術式……。ですがそれは、本来自己とは不可分の存在であるはずの“影”を使役する魔法」



 身動き1つ、表情1つ動かすことのできなくなったローマリアが、辛うじて口だけを動かして言葉を続けた。



貴方あなた……御自身の命を削って、お次は何をなさいますの?」



 影使いが、強く光り続ける“魔力連結の指輪”を見やって、青くなった唇をニヤリと広げた。



「私は……“何もせぬ”……。それが……この術式しか使えぬ私の、我が生涯最大の使命であり……今生最後の、役割……」



「よくぞ、魔女を封じてくれた……よくぞ……」



 魔法使いのおさが、影使いの肩に手を置いて、慈しむように声をかける。


 おさの周囲には、ただならぬ魔力のオーラが漂っていた。



「……恨んでくれても、構わんぞ……」



 おさが、押し殺した声でつぶやいた。



「何をおっしゃいます……誇ることはあっても、恨むことがありましょうか」



 肩で息をしながら、影使いが弱々しい声で続けた。



「……我ら魔法の求道者を照らす、天の光の御許みもとで……お待ちしております……父上……」



 魔法使いのおさが、影縫いの術式に命を削り刻一刻と弱っていく我が子を背に、嗚咽おえつみ殺す気配があった。



「……先に……待っておれよ……!」



 おさが、螺旋らせん階段から歩を進め、虚空に足を伸ばした。おさのその1歩は虚空を踏みしめ、老魔法使いの身体を宙に浮き上がらせる。



「覚悟せい……災いの魔女よ……!」



 影縫いの術式によって動きを完全に封じられたローマリアの目前に、魔法使いのおさがふわりと浮遊した。その手に握られたつえには、暗く、それと同時に輝いているようにも見える、闇とも光とも判別のつかない形容しがたい魔力の束が渦巻いていた。



嗚呼ああ……そのための……時間稼ぎ……。我が子を犠牲にしてまで、そうまでしてそれを成す理由は、何ですの? 御老体……?」



 500人の魔法使いの魔力を束ねて練り上げた大魔法。その気配を目の前にして、ローマリアがただ純粋に尋ねた。



「明けの国のため……魔導の理を保つため……ただ、ぬしを滅するため……」



 魔法使いのおさの気迫を前に、ローマリアの右目がぴくりと僅かに動きを見せる――。



「させぬ」



 衰弱していく影使いが追加詠唱をとなえると、封じられたローマリアの足下に落ちる影の中から、十数本の影の腕が伸び出た。それらは魔女を逃がすものかと折り重なり、“三つ瞳の魔女”の異名たる右目を覆い隠した。


 その影の腕と、魔法使いのおさの気迫、そしてそこに流れる500人の魔法使いたちの“巨人の魔力”に執念を認めた西の四大主、ローマリアは――。



「……アはっ……アははっ」



 身体の自由を封じられ、転位することもかなわず、“右目”をさえ塞がれた、“三つ瞳の魔女”は――



「――アはははははははははははははははははははははっ」



 封印の影の中で、ただ狂おしく、嘲笑わらった。



「重力のおりの中で、りすぎた己の末路を笑うがいい、四大主……!」



 魔法使いのおさが、つえに込めた大魔法を放った。


 声高に嘲笑わらい続けるローマリアの周囲が、空間そのものが、膨張し、収縮し、鼓動するように変形を始める。


 ――フッ。


 そして、影と魔女の姿が、それらの含まれていた空間そのものが、突如、消滅した。


 それと同時に、バタリっ、と、影使いのむくろ螺旋らせん階段の上に倒れ込んだ。


 虚空に浮遊する魔法使いのおさつぶやきだけが、静寂の中に響く。



「重力崩壊の術式……空間ごと、無限に潰れ続ける、第1級消滅術式よ……」



 ……。


 ……。


 ……。



「……ふふっ……うふふっ……」



 数え切れない騎士たちの犠牲と、己の命と魔力を削った魔法使いたち、そして我が子をにえとまでしたおさの覚悟。それほどまでの人の意志を、覚悟を前にして――。



「……嗚呼ああ……素晴らしいですわ……」



 “三つ瞳の魔女ローマリア”は、それらを前にして、ただ、嘲笑を浮かべて、そこに立っていた。



「……馬……鹿な……」



 虚空の中に浮遊している魔法使いのおさが、重力崩壊によって消滅した螺旋らせん階段のすぐ真横に無傷で立つ魔女の姿を目にして、顔を青ざめさせた。



「馬鹿な……馬鹿な……!」



 老魔法使いが狼狽うろたえたのは、ローマリアを消滅させることに失敗した現実を目の当たりにしたから“だけではなかった”。



「ふふっ……わたくし、こんなにも胸が高鳴るのは、初めてです……」



「人間の魔法使いと、魔法で殺し合いができるだなんて、夢のようですわ……」



嗚呼ああ、御老体……このローマリアと、魔法の叡智えいち“星海の物見台”を相手に、人の身でここまで届き得たこと、どうぞ誇りにお思いなさい……」



「……ふふっ」



「……うふふっ」



「ふふふっ……」



 互いに身を寄せ合い、互いに指を絡ませ合い、深い深い嘲りの笑みを浮かべて、“3人のローマリアたち”が、絶望のふちにいる老魔法使いを見つめていた。



「馬鹿な……なぜ……なぜ……」



 しわがれた声でうめく魔法使いのおさは、完全に混乱し、息をするのも忘れてしまったようだった。



「ふふっ……嗚呼ああ、御老体、そんなに悲しいお顔をなさらないで……?」



貴方あなたがたは、本当によく御健闘されましたわ……“人形たち”に打ち勝ち、1度はわたくしを窮地に追い込み、そして今、このローマリアに“禁呪”まで使わせたのですから……」



「うふふっ、さあ、御老体……今のお気持ちを、是非、お聞かせになって……?」



 顔を寄せ合う“3人のローマリアたち”のその満面の笑みは、“悪意”そのものだった。



「「「……我が子を無駄死にさせたお気持ちは、如何いかが? うふふふっ……」」」



 宙に浮く老魔法使いの顔から、生気が消えせた。弟子たちが見守る目の前で、その顔に刻まれたしわは見る見る内に深さを増し、皮膚は乾いてしぼんでいった。瞳にはかすみがかかって灰色に濁り、髪の毛は黄ばんだ白色に変色していった。


 やがて、骨と皮だけになった指先からつえが滑り落ち――絶望のふちにすべての魔力をこぼした魔法使いのおさは、ほうけて弛緩しかんした表情のまま、奈落の底へと落ちていった。


 ……。


 ……。


 ……。


 ……パキャ。


 とてももろく、弱々しい存在がへし折れて潰れる、小さな音がした。



「「「嗚呼ああ……何て……ひ弱……」」」



 “3人のローマリアたち”が、3つの翡翠ひすいの左目と、3つの濁りきった右目の冷たい視線で地を見下ろして、静かにつぶやいた。


 取り残された魔法使いたちが、一斉にじ気づく気配があった。



「し、師匠……っ。そんな、そんなことが……!」



「第1級消滅魔法を……魔法院の奥義でも、かなわないなど……」



「もう、無理だ……無理だ……」



 その諦めと脱力は、魔法使いのみならず、騎士たちにまで伝播でんぱしていった。


 死人のような顔を浮かべる人間の群れを見やりながら、“3人のローマリアたち”がわざとらしく悲しむような表情をしてみせる。



嗚呼ああ、お可愛かわいそうに……皆様、あんなに絶望したお顔をして……」



「とても深く、傷つかれておいでなのね……」



「その悲しみ、やして差し上げます……」



 ……。


 ……。


 ……。



「……我らの……積み重ねてきたものは、何だったのだ……」



 打ちひしがれて螺旋らせん階段に膝をついている魔法使いの背中に、ふわりとした感触があった。



「もう、いいのですよ……」



 魔法使いの背中を、ローマリアがまるで母親のように、優しく包み込んでいた。



「とても、疲れたでしょう……? さあ、目を閉じて……ゆっくり、おやすみなさい……」



 薄いローブ越しにローマリアの身体の柔らかさが伝わり、魔女のひんやりと心地よく冷たい頬が首筋に寄せられる。肌をでる美しい黒髪は絹のようにさらりとしていて、心の落ち着く甘い香りがした。



「あ……あ……」



 そのまやかしの母性に包み込まれて、やがて魔法使いの肉体が、ローマリアの姿もろとも、灰色の砂となって、永遠に形を失った。


 “数千人のローマリアたち”が、戦意を失った人間たち1人1人と身体を重ねた。偽りの安息に満ち足りた者たちが、抱きしめ合う魔女とともに、砂となって消えていった。



「――第3番、“禁呪書架”……霧散自壊の術式……。甘い絶望は、とてもとても、心地よいでしょう……? うふふっ……」



 その禁呪は、疫病のようなものだった。



「ふふふっ……」



 被術者の体内の魔力を暴走させ、肉体を自壊させる、ひとつの国をさえ滅ぼし得る、禁呪。



「……嗚呼ああ、素敵ですわ……」



 その禁呪は、絶望を糧とする。



「本当に……本当に、素晴らしいですわ……」



 ――ゆえに、勝利と生に執着する者だけが、この場に生き残るのだ。



「……そりゃどうも」



 長剣を抜きながら、隻眼の騎士が言った。



「……」



 既にその剣先をローマリアに向けて、くれないの騎士が無言で構えていた。



「姉様と、約束したんだ……」



 そして“左座の盾ロラン”が、風をまとい、大盾を展開した。


 禁書“霧散自壊の術式”が朽ち果て、分身たちが消えせた“星海の物見台”に、孤独な西の四大主“三つ瞳の魔女ローマリア”が立っていた。



「……アはっ」



 ――“明けの国”、西方攻略部隊、絶望を乗り越えた残存戦力、騎士150名、魔法使い20名。“三つ瞳の魔女ローマリア”と、対峙たいじ



「……終わらせるよ、魔女」



「ふふっ……えぇ……終わらせましょう……うふふっ……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます