麦秋

作者 黒谷丹鵺

21

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一話冒頭で語られる衝撃の事実。
そして、夢の始まりへ。

最初にそれを持ってくる事で、何気ない軽口が憂いを帯びる。
この夢の始まりが、最初の終わりと繋がった時、彼らはどこへ向かうのだろう。


見届けたい気持ちに駆られ、あっという間に最新話まで読み進めてしまいました。
バンドや音楽に詳しい人なら、ところどころに出てくる描写や単語、バンドやアーティスト名(全て架空のようですが、あれこれかすっているのです)に嬉しくなる事でしょう。
またそうでなくても、さらりと入った説明が読みやすく、雰囲気を感じ取れる程良いバランスで組み立てられています。

まだ夢は始まったばかり。これから成長し、そしてその時を迎えるであろう彼らの物語に期待を込めて。