いつまでも豆腐小僧とおもうなよ!!

作者 野月よひら

41

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――



妖怪、特に豆腐小僧が好きなので、タイトルだけで飛びついたのがこの作品。想像以上に面白くて、一気に読んでしまいました。

テンポのいいストーリーと会話、そして個性の爆発するキャラクターが大変魅力的です。特に、主人公の豆腐小僧の一挙一動が可愛くて、目が離せません。

最近、更新が止まっているようなのですが、早く続きが読みたいです……

★★★ Excellent!!!

――

豆腐小僧とそのお相手の春香ちゃんがこれまた可愛いです。
豆腐小僧…妖怪なのに、なんだかすっごく可愛くて応援したくなります。
お話の内容も可愛くてクスッと笑っちゃう感じで、ほのぼのしています。

しかし最新話ではハラハラの展開の予感が!
是非とも続きが読みたいです(^^)

★★★ Excellent!!!

――

本当にかわいい…
初々しい豆富小僧とその彼女にとてもほんわかとします
そして甘酸っぱくもありながら、ドタバタのラブコメ要素が入り、思わず笑ってしまう場面が何箇所も
この作者様の他の作品はとても怪談や、リアルな人間関係を描くことも得意だと思っていたのですが…
妖怪への愛ゆえに、でしょうか
忙しいリアルの生活であれんだ心を癒やしてくれます
妖怪好きな方、現代和風作品が好きな方、そしてドタバタラブコメが好きな方、一回読んでみてください!
おすすめです!!

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

豆腐小僧!

妖怪界の小間使いと罵られ、特に何もすることはない存在として知られる、ある意味凄い妖怪。実際は天然痘避けの霊力を持つそうなんですが。

そんな彼を主役として抜擢したのも凄ければ、そんな彼に惚れる少女も、また凄い。いくら豆菓子屋の娘でも、まさか傘をかぶって豆腐を持った少年に惚れなくても……

でも、それが恋。

恋なんてのは他人が干渉するものじゃございません。
一目合ったその日から二つの心がジャストミート、それが恋。
白くてふわふわして、そして脆くて。

そんなギャグ混じりで甘酸っぱい(いや、豆腐が甘酸っぱくなったら落語の酢豆腐だ)恋愛物語、非常に楽しく読ませて頂きました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

 読んでいると、くすりとする感じのほのぼのなお話でした。

 豆腐小僧はJKと上手く付き合えるのか?

 豆腐落して、おじゃんにならないのか?

 割とその辺のドキドキ感もあったりします。

 以上です。レビューでした。

★★ Very Good!!

――

豆腐小僧という妖怪は昔に本で見た事があったので、その名に惹かれて読ませていただきました。

その本だと豆腐を他人に勧め、食べた相手の体をカビだらけにする風な事が書かれていたのですが、こちらは豆腐を手放すと消滅の危機。

豆腐小僧である以外は初々しいカップルで済む話なのに、思った以上に大変です(笑)。

河太郎もいい奴ですし、なんだかんだフォローしてくれるのでしょう。
先を楽しみにさせていただきます。

★★★ Excellent!!!

――

この国には古くから、妖怪を愛してやまない人々が、実は結構な数いると思う。この作者もおそらくそうなのだろう。行間から妖怪への深い造詣と愛情を感じる。
そもそも主人公が豆腐小僧というマイナー妖怪な時点で、他の妖怪ものとは一線を画しており、さらに人間のJKとの純愛、しかもコメディ路線という個性的な作品である。作中、畳みかけるような会話と展開のここそこに散りばめられた笑いの種は、絶妙なタイミングでポンと花を咲かせ読者を楽しませてくれる。
これが漫画化されたら……きっと老若男女に親しまれる良作になることだろう。