あとがき

 あとがき

 最後まで読んで下さったみなさま、本当にありがとうございます。

 感謝の気持ちで一杯です。


 最終ページの注釈にもありますが、日本各地でスケートリンクが相次いで閉鎖されるという事実がかつて本当にありました。臨海スポーツセンターの維持のため高橋大輔選手をはじめ、多くのスケーターの方が活動されていたことを知っている方もおられるのではないでしょうか。

 私は昔趣味でアイスダンスをしていたことがあるのですが、当時よく利用していたスケートリンクもやはりその頃に閉鎖されてしまいました。


 なくなっていったスケートリンクに心を痛めてきたすべてのスケーターに、この物語を贈ります。


 あれから多くの選手の活躍があり、フィギュアスケートが注目されることも増え、リンクの減少には歯止めがかかったようにも見えます。スケートは「やる」という意味ではまだまだマイナースポーツ、練習環境も依然整っているとは言えませが、スケートに興味を持つ人が増えてくれることで、これから明るい展望が開けることを祈ります。


 そして、アイスダンスについて。

 日本でアイスダンスを始めるという機会はなかなかないと思います。魅力もあまり正しく知られていないように感じます。日本では男女でダンスをするという文化からしてそもそも希薄なので、もし身近な子がアイスダンスを始めると言い出したらみなさんも「え?」と思われるのではないでしょうか。特に男の子に関しては、ますますそうだと思います。


 このように男の子がアイスダンスに取り組むということになかなか理解が得られないことや、選手が増えにくいことを、私は残念に思っていました。

 ということで私はこの作品の中で、普通の中学生である主人公をアイスダンスに惹き込むことに全力を尽くしました!


 このような私のスケートリンクに対する思いと、アイスダンスに対する思いからこの物語は生まれました。


 とはいえ、スケート以外の面でも楽しんでいただけた部分があればとても嬉しく思います。


 もし第一部を面白かったと思ってくださる方がおられるなら、そのうち第二部を書ければなあと思っています。いつになるかは分かりませんが、応援していただけると幸せです♪

 ここまでお付き合いいただきまして、本当に本当にありがとうございました!


2016.12.23 宮 都

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

僕とあいつと氷ときせき ~青春フィギュアスケート小説~ 宮 都 @MiyaMiyako

フォロー

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

ひらがなで書くと猫に変身!みゃみゃこです♪   猫ですが、少年主人公のフィギュアスケート小説を書いています。と言っても、男子フィギュアではありません。アイスダンスです。あ、人間のです。 ◇ 人間…もっと見る

近況ノート

もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料