ワイノ・ワイノ

作者 松野 志部彦

42

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

もっと見てほしい作品はありますか?と聞かれれば、文句なしでこの作品を上げますね、と言わんばかりに楽しめます!

どういう雰囲気で楽しめるかというと、夏目友○帳を少しコミカルにした感じ?でしょうか。

ほっこりしつつも、物語も楽しめますし、冒頭から惹き付ける魅力は数々の名作にも引けを取らないレベルです。
普通に「これ、書籍本?」と思うはずですので、是非ともご覧になってほしい!

これであなたも「ワイノ・ワイノ」なりますよ(笑)

★★★ Excellent!!!

主人公の女の子はイタチの妖怪、スイラちゃん。
そんな彼女がお付き合いしている相手は妖怪である自分を受け入れてくれた包容力たっぷりの男の子。

読んでいてほっこりしてしまう幸せそうな二人と。
二人を邪魔しようとする弟君や、見守ってくれるバイト先の仲間たち。

時には思い悩んだり、人ではないことへの負い目もあったりしちゃいますが、ドタバタ賑やかな人間関係は見ていて微笑ましく良い感じ!

ワイノワイノ楽しく自分らしく生きる彼らを見守りましょう!!

★★★ Excellent!!!

ワイノ・ワイノ読了しました。
とてもほっこりと、和やかな気分になりました。

登場人物のキャラクターが皆立っていて面白かったのですが、
特に大井くんのキャラがよかったです。
菩薩のように終始和やかながら、自分なりの価値観・信念のような
ものはしっかりと持っている彼に、スイラちゃんじゃないけど、
キュンとしてしまいました。

「嫌われることを恐れて逃げ続けていたら、誰も自分を好きになってなんかくれない。終いには自分ですら自分を好きになれなくなる」
という座右の銘には、思わずぬぉぉ、と唸らされました。


森見登美彦先生の有頂天家族とかが好きな人であれば、
非常に楽しめる作品だと思います。
続編も楽しませていただきます。

★★★ Excellent!!!

主人公のスイラちゃんは、なんとイタチであるそうだ。

地球に数多の生物あれど、社会の芯にはどうやら人ではびこっている。

そんな現代日本。人に紛れたイタチの一族は、妖術を用いて人の世界に生きているという設定。
決して人類を征服しようだとか、人の世に混乱を招こうとか、そういった野心的な物語ではないのです。

野山を巡って草木を駆るより、人の世に紛れた方が生きやすいのだ。



ずんぐりむっくり……いやでっぷりな大井くんは、罠にかかっていたスイラちゃんを助ける。
人の優しさに触れたスイラちゃんは、徐々に人の世で生きていくことにも慣れ始め、ついには大人となった時

大井くんと再会して二人は恋人同士に。

種族を超えた恋愛模様は、ド派手なカーニバルというには違う気がする。
しいて言えば、居酒屋で催される飲み会のような騒がしさ。妖術に獣といったけたたましいファンファンファーレが奏でるのは、想いを巡るドラマのようだ。

世界の片隅でひっそりと、けれど当人たちにとっては地球よりも重い。

そんな全力の出来事は、ワイノワイノとめまぐるしい。

★★★ Excellent!!!

半獣半人を登場させる事で、単なる恋愛物語ではなく、少し考えさせる奥行きのある作品に仕上がってます。
おっぱなさんが「オオカミ子供」を例示に挙げてますが、そんな雰囲気。「バケモノの子」も近いかなぁ。「平成ポンポコ」とは力点が少し違うなぁ。
こういう素直な物語って、非人間のキャラを添えると、逆に違和感なく感情移入できるのは、何故なんでしょう。それだけ人間不信が根強いって事ですかね。少し寂しい気がしますが...。
この作品って、1話完結の連載物ですが、2話目以降は別の物語にするんでしょうか。それとも、続き物になるんでしょうか。どちらにせよ、ワイノワイノ路線であれば、ホノボノ系でしょうから楽しみです。

★★★ Excellent!!!

あらすじから、いきなり「鼬」なんです。
文中には、「囀る」なんていうのも出てきます。

ええ、漢字がとても多いんです(笑)。

【人に化けた鼬(イタチ)であるヒロインと
ぽっちゃりした大井くん(フツーの人間)との恋物語】

本作をログライン化すると、以上の2行になりますが、
それだけにとどまらない魅力たっぷりの作品です。

これでもかと続く地の文の芳醇さと、テンポのいい会話文。
個性の際立つキャラの面々(サブキャラもいい)。

これらが適切かつバランスよく整えられ、
見事な作品世界が構築されているのは
まさに作者の剛腕によるもの。
お見事! のひと言です。

およそ5万字。つまり、およそ1時間弱の間
「読書の楽しさ」を存分に楽しめる良作です。

オススメ!

★★ Very Good!!

一人称って三人称よりも難しいと個人的には思います。
しかも、ヒロインの一人称となれば尚更です。
語りが軽妙でないと読むのが疲れてしまうし、尖らせれば読み手を切り捨てることになってしまう。
かといって、淡々と書けば語り手の魅力が半減してしまいます。
そういう意味では、スーちゃんはとても良い塩梅でした。
妖怪と人情って、何でこんなにしっくりくるのでしょうね。
するっと読めてほのぼのできる良作だと感じます。

★★★ Excellent!!!

これは文学だ。

漫画原作にするにはもったいない、っていう言い方が適切かわからないけど…

とにかく、「文章で楽しませる」ということに関して、ここまでのものには市販の本でも中々お目には書かれない。
読んでるだけで、楽しい。心地よい。
純粋な、文章を追う楽しみ。

そして、中身の素晴らしさ。
登場人物の魅力、心の動き、次になにが起こるのかという期待感。


こんなレベルの作品がこんなに埋もれてちゃだめだ。
とにかく、読んでみて欲しい。

★★★ Excellent!!!

ちょっと待てカクヨム!!!この作品埋もれさすってヤバイだろ!!
叩かれても何と言われようとも別に良い。敢えて言わせて貰おう。
『ランキング20位内に入っている作品が歯が立たない程面白い』

いや、作者さん自信もって良いよ。(何様)
最初「うっわあ。五万字もあるよ... ...。読みたくねえええ」と思っていたが、情景描写や丁寧な言葉に呑まれて熟読してしまった。

恋愛物というジャンルにはなっているが、これは完全にヒューマンドラマ。
出てくる登場人物たちがみんな良い人過ぎる。悪人がいないので、ほんわかした気持ちで終始楽しめた。(恋愛要素もあるけど、主ではない)

特にこの話の主要人物の大井君が一番好きだ。
見た目は太っていて、カッコイイとはお世辞にも言えない。
だけど、そんな彼はこの作品において一番男らしく大人。
始め、大井君に気弱な印象を受けるが彼は飄々と終始している。
ただ、彼が登場すると場が和む。それは、作中でも主人公であるシイラが言っており、それは読んでいる側も同じ感想を持った。

うーん。色々と言いたいのだが、ネタばれになってしまうので止めて置こう... ...。
『オオカミ子供』と『夏目友人帳』を足して2で割った感じの作品。
大人にも子供にも男性にも女性にも薦める事が出来る良作。
ここまでの作品を投稿サイトで見たのは初めてだ。

この作品が『編集部が選ぶ10作品』の中に入らなければ、私は編集部を無能だと言う。
こんなもん、最初の3000字を流し目で見ても面白いと感じる。

いや、マジで、これ、漫画大賞選ばれなくても他の出版社持って行った方が絶対良いよ。
作者さんがコミュ障ならマジで俺が付き添いで出版社まで行くよ!

興奮気味になってしまいましたが、とりあえず、この作品読んでみて下さい。