『怠惰』な俺は世界の支配者ー大罪会議を始めたくないー

作者 星井扇子

読了後、心地の良い余韻に浸れる作品

  • ★★ Very Good!!

テーマとして使用されているのが七大罪ということもあって、まずはそれぞれのキャラクターのイメージがしやすかった。

その分、物語の本質が非常に難解になっている。
それは終わり方が全てを物語っていて、途中であれだけ急展開を見せたにもかかわらず、淡々としたラストシーンに繋がっている。

そしてネタバレになる可能性があるので詳しくは言えませんが、読了後、ほとんどの読者さんが『なるほど……』と感じることになると思われます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

舞砂花螺さんの他のおすすめレビュー 113