わたくしどもはなぜ読まれもしない小説を書くのか。

作者 西田三郎

もちろん、自己満足のためである。そうである。

  • ★★ Very Good!!

そうである。

5年くらい前まではかなり本気で悩んでて、

「あたし(←私、じゃなくあたしにしてみましたよ!どう?)…なぜ小説書くんだろう。作家になれるかなんて分からないのに。普通に勤務伸ばしたほうが稼げるのに」

とか悶々としていました。
アホだったんだと思います。
今もアホですが、違うベクトルのアホでした。

うるせぇ描くから描くんだよ。描かねぇと毛穴詰まるんだよ。と胸張って自身に言えますね。


 それはそうとエロ小説のくだりはまさに賛成で、需要があるんだからそれはそれでアリなんだと思いますが露骨な単語はアホっぽいから退きますね。
 西田さんの例文のほうが良いです断然。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★ Very Good!!

ほんまそうやで、ってなぜか関西弁で共感してしまった。
あと「ウソをつかない」。これも大事だ。大事なことがいっぱい書いてはる。

仕事の中で文章を書くことがある。でこの文章書きはほんと、マジで、地獄、… 続きを読む

越智屋ノマさんの他のおすすめレビュー 204