第15話 +−

 物語にはアップダウンが必要かもしれないけれどダウンがはげしすぎるとそこから這い上がれない。ちょうどいい、疲れたときにご飯を食べた後に、休憩の時にふれる物語。そういうものもある。

 不在の中心を探すみたいに……中心を求めても、ドーナツかもしれない。


 それが彼女にしか見えないことに彼女は気づいていない。僕は話を合わせて何かと話している彼女を見ている。愉快そうならそれでもいいけど。多めに頼まれた3人分の季節限定さつまいものパフェのバニラアイスが溶けていく。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます