売り手が腐っていては、林檎は売れない

作者 一式鍵

139

54人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても面白い、そしてなんだか勇気をもらえるエッセイでした。
たしかに、美女とゾンビじゃ、そうなりますよね(笑) 納得です。

自分の作品が評価されずに、気持ちが落ちてしまっている人、それでカクヨムを、執筆をやめようか悩んでいる人は必ず読むべきです。

僕は、作者さんの長編作品を読ませてもらっているのですが、その作品はとても長く、ご新規さんにはちょっと辛い部分があります。
ただその長さが、一部の長編好きの間で受けているのではないでしょうか。
某魔法の映画の原作だって、長編ですが世界中で人気を博していますし、
なにかきっかけがあれば、たくさんの人に読んでもらえ、一部のみならず人気が出るかもしれない。
僕は、絶対出ると思っているんですけどね。

そしてそれは、作者さんの作品には限らない、ということがこれを読んで感じたポイントです。
僕も頑張ってみようかと思います(笑)

ここまで、作者さんの作品を褒めつつレビューを行ってきましたが、最後にひとこと言わせください。

最後の仕掛けにはやられました……

★★ Very Good!!

自分はダメな人間ですけど好きになってくださいって告白してもOKがもらえるはずがないように、色々ダメな部分はあるけどここだけは絶対面白いですよ!って胸を張って言えれば必ず反応は返ってくる、そう言う気はします。

作品を書きながら自信を持てない人はこのエッセイを読んで自信を持って欲しいと思います。楽しく書けるようになれば、きっと世界が違って見えるようになりますから。

★★ Very Good!!

印象的だったフレーズとして「自分の作品に自信を持つ」という言葉が胸に響いた。
私も自分の小説や撮った映画、DIYしたもの等が「うーん。失敗した」と思う事が多々ある。
しかし、口には出さないように心掛けている。

この小説?
には自分の生み出した物や自分が人に薦めるものについて自信を持つようにそう書かれている。

★★★ Excellent!!!

 とかく、自分を卑下しがちだし、何かあれば足を引っ張ろうとする言葉が蔓延している。
 だけど、読んで貰いたい、この気持ちがあるから書き始めたのは事実のはずなんだ。
 だからこそ、胸を張って売れる『売り方』をしなきゃダメだし、読んで貰う努力も必要だ。

 迷ったり、腐りかけたら、この話しを読んで下さい。

 

★★★ Excellent!!!

腐っては駄目なのは分かっていても中々ね(^^)
でも、それでも前向きに頑張る。文章が下手でも売れるものは売れる、とうのはまさにその通りだと思います。一般的な読者はカクヨム読者ほど「この緻密にしてビビッとな表現をシニカルに……」なんてやっても全然気にしていないのは、ぼくもキンドルという大海で嫌というほど経験しました。
とにかく、自分で書いたものをこれからは褒めようと思います。
ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

 私、あんなに胃の痛い思いをして、ぷるぷる手を震わせながらアレを書かなくても……良かったんじゃ(笑)

 そうです、そうですよ、これです。
 私なんかより、よっぽど簡潔かつ丁寧、そして優しく語ってくれているじゃあないですか。

 心が折れそうだったり、自作に自信が持てなくなりそうなとき、こちらを是非読んでください!

 ありがとうございます。