しろたえの島、いつくしの嶺

作者 鹿紙 路

33

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

海に囲まれた常春の「しろたえの島」、雪獅子を奉る巫女たちの護る「いつくしの嶺」。遠く離れた異なる二つの土地を象徴するのは、織りと染めの文化です。
美しく、繊細に織り上げられたアジア風世界で繰り広げられる愛憎ーー。時空を超えて紡がれる藤世と四詩の想いは、この世を安寧に導くのでしょうか。
固唾を飲んで、見守っています。