ブラッドライン

作者 山野ねこ

フォロー

★★★ Excellent!!!

ここで問われる『世界』の意味を

とにかく凄かったです。体震えてます。

WEB小説でアマチュア作家がヘタに群集劇に手を出すと、頭でっかちのごちゃごちゃになって破綻するのが関の山。しかしこの作品は、視点的な意味でも技術的な意味でも、そういった類のものとはレベルが違うなと感嘆しました。

ブラッドライン(血筋)という二重テーマの表題も好み。偶然の一致なのでしょうが、浜田省吾さんのアルバム「FATHER'S SON」に収録されている「BLOOD LINE (フェンスの向こうの星条旗 )」 という曲の匂いとメッセージ性をそこはかとなく感じました。

世界という名の群集劇。Mの取り扱いが果てしなく上手い。彼が最後に残した言葉は何か? 最後の一行まで読者を引っ張る力量が半端ないです。ここで問われる『世界』の意味を考えよう。そこには、読者である我々も含まれているのだと――。