第110話

  四

「あれは何でしょう?」

「〈御門〉だ。どうやら、あれが〈御門〉の正体らしいな」

 会話をしているのは、松田玲子大尉と、吉村啓介中佐の二人である。この騒ぎに二人は〈南蛮茶店〉の二階から外へ飛び出し、御所の騒ぎを見に来たのだった。二人とも南蛮人としての変装は忘れている。

「あの黒雲が、ですか? とても人間には見えませんが」

「監察宇宙軍の情報部から、さっき連絡があった。それによると〈御門〉は、殖民船の記憶装置に転写された擬似人格らしい。殖民船から外へ出るため、あのような身体を必要としたのだろう」

「あれが──ですか? いったい、あれは何です?」

極小構成単位ナノ・マシーン反復部分集合フラクタル構造体だ。部分が全体を現し、全体は部分でもある……実に巧妙な設計だ!」

 その時、二輪車の爆音いななきが近づいてきて、二人は騒音の方向に目を向けた。跨っているのは、木戸甚左衛門だ。

 甚左衛門は大尉と中佐に気付き、二輪車を止めて声を掛ける。

「お二人さん、いったいこんなところで何しているんだ?」

 中佐は大声を上げた。

「あんたこそ! 例の南蛮人のことは、どうなった?」

「それどころじゃないっ! あれの……」と甚左衛門は顎で黒雲を指し示す。

「おかげで、てんやわんや、天手鼓舞トレメンダス・ダンシングの大騒ぎさ。上総ノ介の部下が大分やられちまったらしい。ありゃ、なんだ?」

「どうやら、あれが〈御門〉の正体らしい。御所から這い出してきたのだ」

 中佐の言葉を聞いた甚左衛門は、ごくり、と唾を呑みこんだ。一瞬、狡猾そうな表情が浮かぶ。

「そうか……そんなこっちゃないかと思っていたがね……とすると、だ。御所は空っぽってわけか?」

 甚左衛門の表情に気付かず、中佐は無意識に返事をしていた。

「ああ……そうだろうな。どうやら〈御門〉は、殖民船の機構を利用していたらしいが……」

 中佐の言葉に、甚左衛門は敏感に反応した。

「殖民船?」

「言ってなかったかな。あの〈御舟〉と呼ばれるものが、この星に最初に舞い降りた殖民船なんだよ」

「なんとっ!」

 甚左衛門の顔が興奮で真赤に染まる。頬の傷跡だけが、白く浮かび上がった。

「そうかっ! 有り難しっ!」

 言い終わるや否や、甚左衛門は二輪車の梶棒をぐいっと回し、その場で旋回して、御所へ突っ込んでいった。

 大尉と中佐は呆気に取られ、甚左衛門の背中を見送っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます